candle-1868640_640

1: 本当にあった怖い名無し 2013/01/16(水) 20:17:57.75 ID:WKlOGNqP0


ヤバいらしいんだけど



sponsored links

6: 本当にあった怖い名無し 2013/01/17(木) 02:09:24.35 ID:JRW+RicU0


土着的信仰と結びついたクリスチャンマジック
(狭義にはクリスチャンではないがw)
は、恐るべきものは確かに幾つもあるけど…
これは余所者には絶対に判らない世界だよねえ



7: 本当にあった怖い名無し 2013/01/17(木) 02:12:41.93 ID:T3bjDQ6+0


そんなのあるんだ。詳しく教えて。



9: 本当にあった怖い名無し 2013/01/22(火) 23:27:53.50 ID:deuti2yeO


黒ミサか?
ミサで使う聖体を外に隠し持って出て、
悪魔に捧げ侮辱する恐ろしい儀式



10: 本当にあった怖い名無し 2013/01/22(火) 23:31:36.96 ID:Qpy5Zg1F0


聖体ってなんだ?偶像?
キリストって悪魔に負けてしまうのか?

キリストなら悪魔にささげられようが何とかするだろ



12: 本当にあった怖い名無し 2013/01/22(火) 23:37:44.57 ID:deuti2yeO


>>10
キリスト教(カトリック)には秘跡って儀式があって、
その中にミサ聖祭ってのがある。
これはウェハースみたいなパン(ホスチア)を、
司祭がキリストの体、聖体として変化させ、神に犠牲として捧げる儀式。
古来から悪魔崇拝者はこっそり教会から聖体を盗み出して、
黒ミサとして悪魔に捧げてたらしい



13: 本当にあった怖い名無し 2013/01/22(火) 23:53:40.73 ID:Qpy5Zg1F0


>>12
パンってのは聖書では天から降ってきたわけだから、神聖な食べ物なのか?

とにかく、そのパンをキリストと見立てたものが聖体で
それを悪魔に捧げるって行為は、(悪魔にとっての)敵の大将首を献上するって認識でいいのか?
その見返りが悪魔の力ってことか。

しかし、カトリックは儀式とはいえ、未だにキリストを自分たちの犠牲として捧げているのか。
それで自分たちの罪が消え去るとでも思っているのか?
それとも単なる再現なんだろうか。



15: 本当にあった怖い名無し 2013/01/23(水) 01:05:52.19 ID:GemSaSX2O


>>13
新約聖書に書いてある最後の晩餐で、
キリストが弟子にパンを自分の身体として
分け与える場面がミサの制定になる。
信者はミサでそのパンを本当のキリストの体として食べる。
十字架上のキリストのはり付けによる犠牲の再現として。
これで小さい罪なら許されるという。
悪魔はキリストが憎くて憎くて仕様がないから、
キリストの聖体を侮辱することは最高最大最上の喜び。



sponsored links

11: 本当にあった怖い名無し 2013/01/22(火) 23:35:38.52 ID:ieSweZhD0


雄山羊のマスクかぶって肉食いの儀式やるんだっけ?



14: 本当にあった怖い名無し 2013/01/23(水) 00:26:35.73 ID:rKWDXvVX0


イエスは言葉では贖いを述べたけれど
人の心はそう単純ではない
例えどんなに愛して祝福しても
本人が自分を救おうとしない限りは
心は地獄に囚われたままなんだ

ただ救われようと人に神に願っても無駄なのにな
悲しいことだ
そして私にとってとても無念なことだ

愛されていると知っている者でさえ
完全ではない

しかし高くから見つめれば
それも案ずる事もなき刹那の揺らぎに過ぎず
ただただ見つめ待つ
時間は無限にある
例え今の世界が滅びても次が来る

そんな事よりイブとリリスと3Pしたい



16: 本当にあった怖い名無し 2013/01/23(水) 01:33:00.28 ID:AuAYPIkQ0


身体を分け与えるって、アンパンマンみたいだな。

なんにしてもキリスト本人が与えるパンと、現在ミサで食べているパンは
霊的な価値がまったく違う気がするが。
もしそうならミサは「ごっこ」になってしまう。

ごっこのパンでは悪魔は喜びはしないだろう。
つまり、黒ミサに悪魔的な霊力は無いんじゃないか?



18: 本当にあった怖い名無し 2013/01/23(水) 08:23:01.28 ID:GemSaSX2O


>>16
カトリックではパンがキリストの身体に変化する方法がしっかり定義されていて、
叙階された司祭が行い、
質料、形相、意向というのが揃っていれば変化する。
資料とは物、要するにまじりっ気無しのパン、
形相とは物の性質、司祭の「これは実に私の身体である」という言葉、
意向とは司祭がパンが本当にキリストの身体だと確信する気持ち。
この三つが完全に揃えば変化する。
現在でもどんな教会のミサでもこれが行われている。
ただ昔はラテン語で行われていて、
これは私の実に身体である(Hoc est enim corps meum)と唱えていた。
ラテン語の方が望ましいんだけどね



28: 本当にあった怖い名無し 2013/01/29(火) 07:02:20.83 ID:LvH03XRK0


>>18
権威によって定義されてても、実際のところ、
宗教上の理由でそう思い込みながら食べてる人の方が多そうだけど



29: 本当にあった怖い名無し 2013/01/29(火) 12:58:38.77 ID:EIzlDCHRO


>>28
俺カトリック信者だけど、
思い込みというか、パンを正にキリストの体だと思って食べている。
そうじゃなかったら信者じゃないよ。



32: 本当にあった怖い名無し 2013/01/30(水) 01:45:58.82 ID:JnFhOAI70


>>29
ああそう。それじゃ、世の中は信者だと思い込んでるヤツが大半なんだな



sponsored links

22: 本当にあった怖い名無し 2013/01/26(土) 02:54:23.43 ID:k8lmmDUrT


サタンとかルシファーて今は悪しき者でも全てが終れば最高の功労者だと思うが?どうだろう?



23: 本当にあった怖い名無し 2013/01/26(土) 07:43:14.08 ID:7CEfM0x2O


>>22
悪魔は三位一体の天主に反逆した罪と傲慢で、
最後は永遠の地獄に閉じ込められ、
永遠に想像を超える苦痛を受けます



27: 本当にあった怖い名無し 2013/01/29(火) 06:59:23.41 ID:LvH03XRK0


wikipediaの悪魔崇拝の項目なんて、キリストの衣を纏った悪魔だよね



41: 本当にあった怖い名無し 2013/02/06(水) 06:18:08.75 ID:C1uWiWiY0


こういう人が自称サタンの手下な悪霊になんのかなぁ

キリストの体を食べて赦しを得ようだなんて鬼畜の所業だな(笑)
イエスは優しいから赦すんだろうなぁ
優しく成りたいとは思うけど、彼の様には成れないよな



44: 本当にあった怖い名無し 2013/02/19(火) 20:15:38.96 ID:Wbg9LX420


近年「牧師」などと名乗っている一団の新興カルト宗教家たちの中には、
「日本の教会やクリスチャンは暗くて固い!」などと言っている者がある。
これは米国から流入した賊輩で、日本社会に根差した伝統的な教団教派を、
「形骸化している」「死んでいる」などと激しく攻撃しているのである。

しかし、真剣に礼拝するべきことは、聖書において明確に記されており、
上記のような罵詈雑言を浴びている人々は、極めて正しい人々なのである。
一人の人間が神を礼拝するとき、真剣であるのは当然のことであって、
「明るい」「暗い」などと幼稚園児のような価値観で量るべきではない。

改革などを主張しつつ「日本の教会は暗い!」などと言う「牧師」らは、
伝統的な教会とクリスチャンを攻撃する非常に悪質なカルト宗教家である。
「喜びなさい」と書いてあるからといって真剣な礼拝者を迫害するのは、
聖書の一カ所だけを抜き出して絶対化するカルト宗教の異端の教えである。



46: 本当にあった怖い名無し 2013/02/21(木) 11:20:27.57 ID:eYHA1WiB0


そもそも普通に感謝したり美徳を守ったり
反省したりして普通に生きてりゃ
仏だろうが神だろうがイエスだろうが
誰かしら助けてくれる

あいつ等基本的に呆れる程善人なんだから
変にすがるよりずっと効果あるぞ



48: 本当にあった怖い名無し 2013/03/05(火) 22:58:01.11 ID:jA3lVpZt0


悪魔より神の方が人間殺してるけどな



49: 本当にあった怖い名無し 2013/03/29(金) 20:16:13.81 ID:od1Bv18n0


悪魔召還は黒魔術の中でも、もっとも禁忌とされています。



50: 本当にあった怖い名無し 2013/03/29(金) 20:28:12.38 ID:iKAOq5DX0


完全な善ほどこわいものはない。本物の善が悪に似ていると言われる所以であり、お人よしに善人の役は務まらないと言われる所以だ。
けれど、恐ろしい善だが、人を腐敗させてしまう悪よりかは良い。こわいのはうけおいだけど、堕落はしないだろうな。



51: 本当にあった怖い名無し 2013/04/10(水) 23:08:54.92 ID:qX+Q1OcP0


完全な善というより自分や信じてるものを完全な善と信じすぎるのが怖いんだよ



53: ゆみ 2013/06/27(木) 20:16:16.25 ID:w+dDc9FM0


本物の黒魔術士、つまり悪魔の弟子になるための道、条件というのがあって、
それは他の生き物の苦しみを、心の底から喜べること。
これが素質としてもっとも大切なんだそうです。
で、人生をとおして、この喜びというか欲望に、徹底して忠実に生きて、他のものに苦しみを与え続けると、
どこでどんな人生を送っていたとしても必ず、悪魔が弟子として引き取りにくるとか。



sponsored links

54: ゆみ 2013/06/27(木) 20:25:16.90 ID:w+dDc9FM0


悪魔召還儀式の本質というのは、ありとあらゆる、徹底した残虐行為に他なりません。
苦しみそのものを、純粋に喜べることが、悪魔と感応する道です。
こういう儀式の大規模なものが、中世ヨーロッパの、とくに神聖ローマ帝国の宮廷の後援をうけて、秘密裏に行われていました。
その詳細を読んだことがあるのですが、
それはもう、おぞましいとしか言いようのない、めまいのするようなひどい内容でした。



55: ゆみ 2013/06/27(木) 20:33:09.25 ID:w+dDc9FM0


人の肉体と精神を、極限まで痛めつけて、粉々に破壊するような、想像を絶する拷問、
それを何十人、何百人という規模で行うというものです。
ふるえと吐き気が止まりませんでした。
黒魔術の弟子は、そこまでしてはじめて悪魔の力を得ることができるのです。
それなくしてはどんな呪文も儀式も、オカルトごっこにすぎません。



56: ゆみ 2013/06/27(木) 20:42:12.42 ID:w+dDc9FM0


で、望みどおり黒魔術士の弟子になり、超自然的な時空への出入りを許されます。
しかしそれが、地獄のはじまりなんだそうです。
黒魔術の弟子たちは、悪魔の下で、すさまじい恐怖と苦しみによって、支配を受けます。
永遠に希望のない、まったく自由のない、けっして逃れることのできない暗黒の恐怖のなかで、
悪魔の課す苦役に絶対服従を強いられるのですから。



57: ゆみ 2013/06/27(木) 20:48:53.37 ID:w+dDc9FM0


そのような堕ちた存在たちが、
苦しみのあまりはげしい後悔の念に駆られて、有徳の聖人・司祭のもとに現れたという話があります。
しかし当然ながら、彼らに救われるすべなどありません。
だから黒魔術など志すべきではないのです。
それはどんな幸せからも、とおくへだたった暗黒の世界なのですから。



58: 本当にあった怖い名無し 2013/06/27(木) 20:54:02.72 ID:6tPE9hfGO


うむ…
意味不明
理解不能



59: ゆみ 2013/06/27(木) 21:11:03.79 ID:w+dDc9FM0


悪魔にとって、弟子は家畜、ゴミ以下の存在にすぎません。
悪魔が弟子に与えるおくりものとは、最低の性質、最高の不幸と苦しみです。
それが報酬なのです。
不幸と苦しみをまきちらす存在は、自らも不幸でなくてはならないのです。
苦しみが苦しみを再生産するのですから。



60: ゆみ 2013/06/27(木) 21:17:36.38 ID:w+dDc9FM0


で、ここからが悪魔の世界の神秘なのですが、
悪魔の主神というものは、仮に名付けるのですが「不思議の鏡」というものを持っているのです。
そしてその悪魔的な神器の力によって、
悪魔たちのあらゆる苦しみ、恐怖、絶望、こういうものが至上の快楽へと変化するというのです。
この魔術的で、摩訶不思議な快楽装置の生み出す快楽が、悪魔の糧になります。



61: ゆみ 2013/06/27(木) 21:24:21.74 ID:w+dDc9FM0


この「不思議の鏡」は、悪の極み、悪の果てに存在しています。
それは悪魔たちにとっての神秘です。
これが悪魔の主の力です。
もちろん弟子たちには手の届きようもない世界にあります。
悪魔なんか崇拝してもムダ、悪魔は崇拝など求めていませんから。


sponsored links






http://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1358335077/