1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 04:41:51.76 ID:S3j7hwXUO


語ろう



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 04:45:01.09 ID:h49yEruW0


ジャイアント馬場が巨人軍を退団した理由は
宿舎の風呂場で転んだ際の怪我が原因



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 04:45:27.32 ID:aklCkRQP0


地震で滅んだ内ヶ島氏



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 04:47:02.63 ID:Kry/QA0e0


「皇国の興廃この一戦にあり、各員一層奮励努力せよ」

トイレで力みながら考えた



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 04:48:03.51 ID:EW+UpNqFO


織田信長が今川義元を破った戦いとして有名な「桶狭間の戦い」


しかし、両軍が激突した桶狭間の正確な場所は諸説あり特定されてない



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 04:50:39.34 ID:p2yjXBuA0


中世の軍事の話になると飛び道具の強さに言及されるが、
その飛び道具への対策はなかったのかというとちゃんとあった

しかし対策をした上で死傷数が槍よりずっと多かったのだから、
ひいては「死者が全体に3割にのぼったら壊滅と同義」というのも無理はない



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 04:56:19.43 ID:EW+UpNqFO


大食漢としても有名な日本海軍の山口多聞少将

山本五十六は山口少将が旗艦大和を訪れるときはいつも炊事場の兵に
「今日は山口が来るからステーキを一枚多く焼いてくれ」と言いつけていた



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 05:10:18.54 ID:p2yjXBuA0


かつてお寺は、寺子屋というものもあったように、
仏教の修行の場としてだけでなく様々な教養を学ぶ場でもあった

日本の戦国武将たちの中で特に有名な人物たちは
だいたい寺での勉強を経験しており、今の感覚で言うと大卒エリートである
(例:信長・家康・謙信・信玄など)



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 05:12:34.14 ID:7JdDEXj90


光武帝の最後の言葉は「私は民の役になにも立てなかった」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 05:14:57.30 ID:wbAHKw1mO


松永久秀のクリスマス休戦



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 05:24:40.63 ID:p2yjXBuA0


武田信玄の肖像としてはダルマのような
ヒゲともみあげがつながっていてやや太ったアレが有名だが、
実はあれは畠山なんちゃらさん

本当の信玄はどんなだったかというと、
細面で色白で神経質そうな風貌だったというがこれはソース不明



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 05:30:54.06 ID:Jwh5wIDUO


>>16
信玄とか信長の絵は本物でないってのはたまに聞く気がする

あと似たような話で、上野で犬連れた銅像や肖像画の西郷隆盛は
親戚とか薩摩の人の顔からイメージしたもので
本人を知ってる親戚は「似てない」って言ったらしい
って何かの本で見たような…



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 05:34:43.96 ID:uPBKtzqq0


江戸時代初期の日本は全世界の1/3に当たる銀を産出していた



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 05:49:30.86 ID:GWL4ZBwZO


ベルリンの壁を破壊されたのは西ドイツ東ドイツ合併前。



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 14:02:55.37 ID:ZqhJKwn9O


>>20
確か、放送で何かを言い間違えて、東西合併しますって言っちゃったんだよな
それでヒャッハーした民衆が壁破壊、仕方ないから本当に合併、って流れ



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 05:49:48.11 ID:g5hiKTpEO


家康って退却するとき、うんこ漏らしたよな 




27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 06:06:14.43 ID:bvEZ834TO


有名な頼朝の肖像画も実は別人物の可能性がある。なんと平のなんとからしい



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 14:10:49.55 ID:PkUsmCyKO


>>27
平重盛でしょ
清盛の長男



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 06:11:54.59 ID:p2yjXBuA0


戦上手ということで上杉謙信には
剛直なイメージがあるかもしれないが実は繊細な性格で、
家臣の取りまとめに苦労した末へそを曲げて山を放浪したこともある



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 13:11:19.92 ID:dHQTDWSK0


>>29
おい「高野山」っていうのはそこにある真言宗系山寺の総称で山そのもののことじゃないぞ
謙信公が山男みたいになってるだろ



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 13:39:14.57 ID:p2yjXBuA0


小銭のために大きな失敗をし、
うかつな守銭奴として定着しつつある前田利家

しかし彼の遺言の中には、
「あちこちの大名にお金を貸してるけど、こちらからは催促するな
 もしあちらが返せない状態になっていたら、借金はなかったことにしてやれ」
というものも混じっている

利家は青年期、ちょっとしたことから困窮したことがある
恐らく同様の境遇の者へは無償の配慮をしてやりたいと思っていたのだろう

また東北出身の大名らが、京との馴染み薄さゆえに畿内でいじめられていたら、
よくしてあげていたようでもある
これも先述の困窮していた時期に利家の元から人が多く去ったことに起因していると思われる

>>48
さすがにそれは過剰反応
俺の書き方も悪かったかもしれん、スマヌ



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 07:29:50.74 ID:cdl9Nymj0


板垣退助の最後の言葉は「板垣死すとも自由は死せず」
じゃなくて「痛ぇ、医者を呼んでくれ!」だとかなんとか



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 07:33:35.81 ID:izgEymA30


>>35
そもそも襲われたけど殺されて無いっす



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 07:36:24.32 ID:cdl9Nymj0


>>37>>39
あまり知らない事を言っちゃいけないって事だねごめん



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 07:34:29.59 ID:pTHEgID5O


>>35
板垣死すとも…は、岐阜事件ってので板垣が負傷した後に民権運動やってた連中が喧伝した言葉だって習った



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 07:32:57.26 ID:pTHEgID5O


水戸黄門の黄門は中国の言葉で、日本では中納言の意味。

ある日、水戸黄門がお坊さん達の目の前で鶴を殺そうとした。お坊さん達は水戸黄門の地位を知っていたので注意が出来なかった。
すると水戸黄門はこう叫んだ。「全くバカな坊主たちだ。お前ら坊主は慈悲ってもんを極めた連中だろ!俺を注意せんのか!」
坊主達は何も言えなかった。水戸黄門は笑ってその場から去った



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 10:42:25.27 ID:EW+UpNqFO


一部では絶大な人気を誇る辻政信


彼が部隊に着任した際に真っ先にやったことは、経理に行って上官や幹部の料亭遊びに使われた経費の洗い出しをした



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 13:04:36.47 ID:ssFoB8i30


米本土を空襲した国は日本のみ



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 14:18:42.08 ID:UlsZpXyrO


>>47

空襲した日本人はアメリカでは英雄として称えられている



120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 18:32:55.89 ID:VrRpzKtAO


>>60
風船爆弾じゃないの?



121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 18:40:24.95 ID:3S1nmaZRO


>>120
開戦直後に潜水艦から小型水上機で爆撃して山火事起こした



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 14:03:10.80 ID:CzZva3otO


旧約聖書に出てくる人は千年単位で寿命があり、段々短くなっていく



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 14:10:00.51 ID:Thz7d03d0


・関ヶ原の戦いはたったの6時間で終了した
・「三日天下」で有名な明智光秀の実際の天下は11日
・日本で初めてパスポートを取得したのは芸人



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 14:43:04.41 ID:zovOqxIk0


>>54
>・「三日天下」で有名な明智光秀の実際の天下は11日
政を行ったのが三日だから三日天下って言われてるんだろあほ



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 14:22:52.93 ID:PIDyIdSh0


エンリケ航海王子は船酔いするので船にのれない



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 14:23:44.84 ID:b8kYSlW50


雷帝イヴァン4世は
・子供のころ、クレムリン宮殿の塔から犬や猫を突き落とすのが趣味だった
・長男を叱り付けて勢いあまって殴り殺してしまった
・酒宴の席で酩酊し、踊っていたイヴァンを諌めた部下に「仮面をつけて一緒に踊れ」と指示。断られたのでその部下をその日の夜に殺した
・拷問には積極的に参加。返り血を浴びて射精するほどだったという



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 14:25:44.23 ID:gP+DPJ1RO


ジャンヌ・ダルクは美少女のイメージだが
実はドブス



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 14:28:58.04 ID:Thz7d03d0


江戸幕府4代将軍の家綱は、ヒゲ禁止令という法律を発布した



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 14:42:38.31 ID:2nt7Dcsi0


「我思う、ゆえに我あり」で有名なデカルトはグータラ人間で、午後起きが当たり前だった。
しかしスウェーデンのじゃじゃ馬王女クリスティーナの家庭教師の仕事についた際、
朝五時から講義を始めるハメになり、結局デカルトは体調を崩してそのまま風邪をこじらせ死んでしまった。



96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 15:54:52.83 ID:DU5nMl0y0


>>68
グータラじゃなくて病弱だったのな。
病弱な人間が極寒のスウェーデンで朝五時から家庭教師やってりゃしぬわな



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 15:28:39.53 ID:37kAwQGdO


島津の捨て奸
逃走ルートに沿って数人が座り込んで留まり、追っ手を敵を銃で狙撃して撃ち終わったら槍で突撃する戦法。(別名:座禅陣)

関ヶ原の退却戦で使われた戦法で、部下達のまさに決死の働きのおかげで島津義弘は無事に薩摩に帰れた&追っ手の松平忠吉と井伊直政はこの時に受けた傷がもとで死んだ。

別に面白い話でもないね。




86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 15:29:38.54 ID:ALTtssI4O


>>83
豊久ぁ…



108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 16:43:45.99 ID:X2nfCeHl0


江戸時代中期に有人飛行を成功させた人間がいる

岡山藩で表具師をしていた浮田幸吉という男は
空を飛ぶ鳥に興味を持ち、鳥が空を飛ぶメカニズムを研究した。
そして「鳥の羽と胴の重さを計測しその割合を導き出す。それを人間の体に相当する翼を作れば
人間も鳥と同じように空を飛べるはずである」と結論づけた。

竹を骨組みに紙と布を張り柿渋を塗って強度を持たせた翼を製作した。
試作を繰り返し1785年(天明5年)夏、旭川に架かる京橋の欄干から飛び上がった。
上手く東風にのった幸吉の初飛行は飛行距離50Mほどであった。

河原で夕涼みをしていた人々が「天狗が出た!」と大パニック
世間を騒がせたとしてたちまち翌朝には御用となり翼は没収
岡山城下から所払いとなってしまった。



119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/20(金) 18:25:22.80 ID:iNfENNxTO


「イタリアの光」とうたわれたウルビーノ公、フェデリコ・ダ・モンテフェルトロの肖像画は、
そのほとんどが向かって左を向いた横顔で描かれている
その理由は、馬上槍試合で負傷した右目を隠すため









https://yuzuru.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1282246911/