曾祖母(母の祖母)の臨終の際の話。

(俺が生まれる前。昭和40年代の話)当時、曾祖母は既に80代後半。

老衰で病の床に伏せっていた。自分の死期が近いことを、既に悟っていたようだった。






曾祖母は、病の床から母(当時高校生)に語ったという。「自分が死ぬのは天命だ。

この歳まで生きれば十分。特に思い残すことはない。

ただ、一つだけ、心残りがある」と。あの叔母のことだ、と察しのいい母は直感したようだった。

母の叔母(俺にとっては大叔母か)に、1人大酒呑みがおり(いわゆるアル中)、毎日酒ばかり呑んでは暴れ、家事放棄、子供への暴力、と家庭生活も破綻していた。親戚中で、問題になっていた。

「Eのことだ。でも心配するな、私が一緒に連れて行ってやるから。

」曾祖母は母にそう告げたという。母は、曾祖母が、残された自分達を気遣う気持ちのあまり、突拍子もないことを口走ったのだと思い、うんうん、ありがとうおばあちゃん、と頷き、特に本気にはしていなかった。





その数日後、祖母が他界した。・・・通夜・葬式の準備で家が慌しかったその日、母は親戚から飛び込んできた知らせに耳を疑った。

大叔母が、突然死したというのだ。死んだ時間は、曾祖母が死んだ数分後。

死因は心臓麻痺だとされているが、実際のところ、医者にもよくわからないのだという。・・・おばあちゃんが連れて行ったんだ。

本当に。母はそう確信したという。