去年の夏、
うちに突然1~2mmくらいの赤茶色の虫(多分シバンムシというやつ)が
飛び交うようになった。






特に何をするってわけじゃないけど、
気づいたら壁や天井を這ってたり、
いままで見た事も無い虫なのに、
突然大量発生したから不気味だった。
発生源を探したけどなかなか見つからず、
途方に暮れてたんだけど、
その夏から秋にかけて、
家人が次々と右脚を怪我した。

母:包丁取り落として足の甲を突いた
父:階段から落ちて半月板と靭帯損傷
私:自転車にぶつかられて諸共に転倒、骨折
弟:朝起きたら親指の生爪が剥がれてシーツが血まみれ(原因不明)

さすがにこれは何かあるんじゃないか、
霊能者の出番か?とか真剣に話し合ったけど、
そんなツテがあわるわけもない。

もう一回家捜しして虫と怪我続発の原因が分からない様だったら、
近所の寺にでも相談してみようってことになって、
比較的軽症だった母と弟が右足引きずって大捜索。

母の部屋の押し入れの奥から、
カサカサに乾いた新聞紙にくるまれた人形者には
ピンとくるサイズの箱がめっかった。





家人は誰もそんな箱に覚えが無くて、
嬰児死体とか入ってんじゃないだろうな、
とビビリながら開けてみたところ、
乾燥した植物ならなんでも喰うという甲虫に、
コンポジットボディの右足を中心に食われて悲惨な事になった、
古いビスクドール
(※bisque doll:19世紀にヨーロッパのブルジョア階級の貴婦人・令嬢たちの間で流行した人形)
が救出された。
(人形も怖かったけど大量の赤い虫が怖かった……)

父は
「お寺に預けて供養しろ!」
と主張したんだけど、
母が可哀相がって、
知り合いに頼んで首から下とウイッグと服を新調してもらった。

今も人形はうちにあるけど、
それ以降特に困ったことは起こってない。

その人形がどっからきたのかは不明。
でも、なんか母ちゃんが心当たりあるような気もする。