次元の扉 オカルトまとめ

いつもの日常から一歩、次の次元へ… 世界のオカルト情報をお届けする2chまとめブログです。 定番の都市伝説からマニアックなネタを2ch等からご紹介します。

2023年04月

知り合いの話。彼女は女子高生の頃、通学に私鉄を利用していた。沿線上に大きな神社があるそうで、巫女さん姿の女性と乗り合わせることも偶にあった。 ...

当時、彼女は夫と二人で郊外の一戸建てに住んでいたそうです。ある夜、彼女は仕事の後飲みに行くと言った夫を待っていました。 ...

19世紀末、どこの国かは知らない。路上で客に依頼された絵を描く、絵描きとして生計を立てている一人の男が居たそう。同じく絵描きとして生計を立てている女は、その道で大成し男よりもお金を持っていました。 ...

去年、私は仕事で失敗が続き、厄年は来年なのに何故だろうかと調べた末に、前厄という存在を始めて知り、すぐに会社に三連休を貰って、遠い田舎の実家まで帰省をしました。 ...

小学校4~5年くらいの夏休みだったかな?夜の7時くらいに、夏祭りの盆踊りの練習で母と一緒に家の近所の工場の駐車場に行った時の話。 ...

ワイの伯母がDV旦那から逃げて母子家庭になり、ありついた仕事が病院の清掃。病院全般の清掃で(手術室だけは専門業者が清掃をする)、清掃中に容態が変化した患者をみつけて看護師さんを呼んだり、救急で運ばれたり、亡くなられた患者を見る機会もあるので、精神的にキツか ...

よし、18年ちかくだれにも話したことない話をしよう。実話なので地名は伏せます。直接かかわったわけではないので、何がどうという詳細はよくわかりません。 ...

俺の体験した話当時俺は彼女が居て(今の嫁)、週末は彼女が俺の部屋に泊まりに来るのが常だった今は治ってるが、彼女は鬱病持ちでヤンデレ気質で、俺が女と話すようなら射殺すような目で睨みつけるような女だった ...

リサイクルショップの事で投下させて頂いた者です。変な客や変な物でという方がいらっしゃったので、霊的な要素はほぼ皆無ですが投下させていただきます。 ...

我が家で起きた洒落にならない話。私がまだ実家で生活していた頃、度々金縛りや怪奇現象に合っていました。ある日の晩、ベッドの上で本を読んでいたときでした。 ...

自分の実家は築100年。岐阜県に大正村というところがあるが、そこで公開している家にそっくり。中庭を囲むように、母家・渡り廊下・離れがコの字状に並んでいる。 ...

もう十年も前の話だが、裏の世界のようなものを見た事がある。当時の私は友達のいないぼっち女子中学生で放課後や昼休みは学校の図書館で専ら読書に勤しんでいた。 ...

俺は夜寝る前には必ず自室のドアの鍵を閉めるようにしている。翌日が休日でやや遅くまで起きていたその日も、いつもと例外なく鍵をしっかりと閉め、キーが机の中にあるのを確認して就寝した。どれくらい時間が経ったのかわからないが、俺は何か違和感を感じて目を覚ました。 ...

↑このページのトップヘ