次元の扉 オカルトまとめ

いつもの日常から一歩、次の次元へ… 世界のオカルト情報をお届けする2chまとめブログです。 定番の都市伝説からマニアックなネタを2ch等からご紹介します。

2023年02月

A県の山奥に住んでいた、ある一家に起きた話もうだいぶ前の話で、当時はまだ薪拾いなんかが普通に行われてたんだなその家の主も山に入って色々作業してる人だった ...

うちの母方の婆ちゃん家がある村での話。申し訳ないが俺自身にも真相?的なものはわからないから、すっきりしないし、オチみたいなもんはない。 ...

人生で洒落怖な話もオカルト絡みな話もこれっきりだけど叔母が霊能力者みたいな新興宗教みたいなのにハマってた時、その娘(俺からすればイトコ)はちょうどアジア系のファッションにハマってた。 ...

俺の家の近くに「ミコダイの二重垣」という場所がある。昼でも暗く、薄気味悪いところだ。ある夜、若者たちが集まって酒を飲んでいた。 ...

おれの家の近くに白山神社があるもっとも白山神社といっても日頃は神主もいない無人の神社なんだけどその神社は正面の社殿とその脇にやや離れて建てられている祠で構成されていて、問題はその祠だ ...

親父の実家は自宅から車で二時間弱くらいのところにある。農家なんだけど、何かそういった雰囲気が好きで、高校になってバイクに乗るようになると、夏休みとか冬休みなんかにはよく一人で遊びに行ってた。じいちゃんとばあちゃんも「よく来てくれた」と喜んで迎えてくれたし ...

秋田のマタギたちの間に伝わる話に「サカブ」というのがある。サカブとは要するに“叫ぶ”の方言であるが、マタギたちがいう「サカブ」とは山の神の呼び声を指すという ...

子供の頃、母親のこぐ自転車の後ろに乗って近くの海岸に行った。夕焼けがきれいだった。 ...

小学4年生のころ私のクラスで心霊ブームがおきましたきっかけは1人の女の子Gが自分は霊能力があって霊能力がある人を見分けられるなんて言い出したことでした ...

お堂のなかにある石鬼の話。自分の町はかなりの田舎で、田んぼが多くて何も娯楽施設がないところだが鬼の姿、形をした石だけが異彩を放っていたというか雑木林のなかにうっすらとたたずむ神社のお堂の中にその石はあった。 ...

あれは私が大学生の頃。埼玉県の仏子という所に住んでいる友人の家に遊びに行った時の話だ。近所のバーミヤンにて深夜二時までくだらない話で盛り上がり、彼の家に向かって歩き始めた。 ...

大学生のときに、変な夢を見た。鉄格子の薄暗い牢獄のような所に閉じ込められていた。十畳ほどの部屋に、男女併せて二十人くらいの日本人がひしめきあってた。 ...

↑このページのトップヘ