次元の扉 オカルトまとめ

いつもの日常から一歩、次の次元へ… 世界のオカルト情報をお届けする2chまとめブログです。 定番の都市伝説からマニアックなネタを2ch等からご紹介します。

2022年12月

私は昔から霊感が強い方でこういう体験には慣れているのですが、それでも時折心底恐怖することがあります。その中でもいちばん異色で、未だにあれがなんだったのか分からない体験をひとつ。------------------------------------------4年ほど前のことです。 ...

専門学校時代、福岡、熊本、佐賀の心霊スポットに行きまくってた頃の話だ。犬鳴は行った事ないけど。 ...

1: ニライカナイφ ★ 2019/12/24(火) 23:47:02.79 ID:sd/qsPGy9 「なぜかお金が貯まらない……」そう悩んでいる人は多いですよね。 実際、お金の問題が解決すれば、人生の問題の9割は解決するとも言われています。 実は、このお金が貯まらない原因、人間なら誰しもが ...

今年の一月の話。実家に顔を出すと、旅行に行くから留守番してて、と頼まれた。老いて仲の良い夫婦ってのはいいもんだな、まあ気をつけて行ってきてくれ、と送り出した。 ...

鬼太郎などで有名な小豆洗いだが、おれの地元の栃木北部の農村の山河にも、随分昔から目撃例がある。コミカルなイメージの妖怪だが、こちらは洒落にならないくらい恐れられている。 ...

私は精神病院で事務員をやっている。閉鎖病棟を有するような大きな精神病院は、大抵人里離れた田舎にある。 ...

中学1年の時の話なんだが、夏場に腹を壊して地元の市民病院に入院したんだ原因はただの胃腸炎だったし1週間程度で退院できるとのことでしかも、4人部屋を俺一人での独占だったし初めての入院経験を楽しんでいたわけだ ...

焼き鳥屋のオヤジから聞いた話。オレは居合わせた事はないんだけど、近くに警察の寮が有るらしく若い警察官が結構連れ立って飲みに来るそうで、そんな客の警察官が話してくれたそうだ。 ...

私が幼稚園児の頃の話。幼稚園の隣りに木造二階建ての廃屋がありました。当時の私はその建物(隣接大学の旧校舎らしい)が何なのかわからず、ただ先生の「あそこで遊んではいけません」という言葉を無視して、毎日のようにその廃屋で友達とかくれんぼをしたりして遊んでいま ...

私が彼と出会ったのは小学三年生にあがった時だった。あやとりがうまく、折り紙も上手で、歌も音楽教師を惚れ惚れさせるような少年だった。彼は音楽が好きで、ただ首から下に麻痺を患っていて身体を自由にうごかせないらしく。 ...

↑このページのトップヘ