次元の扉 オカルトまとめ

いつもの日常から一歩、次の次元へ… 世界のオカルト情報をお届けする2chまとめブログです。 定番の都市伝説からマニアックなネタを2ch等からご紹介します。

2022年11月

田舎に住むおばあちゃんが、大きな病院で透析を受けたり膝の手術などの理由で、田舎から子供(私の叔母にあたる)の住む某都市へ引っ越しました。おじいちゃんは特に病気もなく、家の管理や様々な理由で一人田舎に残ってました。 ...

ちょっと色々あって書ききれないので本当にもう嫌だ!と思った出来事をメインに部分だけ書くことにします。今から10年以上前ですがとある地方都市のはずれの町に住んでいました。その町自体は小さくないのですが私の住んでいた地域は畑やら田んぼやらが多く人口密度が低い ...

鬼太郎などで有名な小豆洗いだが、おれの地元の栃木北部の農村の山河にも、随分昔から目撃例がある。コミカルなイメージの妖怪だが、こちらは洒落にならないくらい恐れられている。 ...

『かんひも』について。僕の母の実家は、長野の山奥。信州新町ってとこから、奥に入ってったとこなんです。 ...

中学の時の話。俺の通ってた中学は変わったヤツが多くて結構いろんな事件が起きた。 ...

高校生の頃、いつも喧嘩してた妹がいた。喧嘩といって他愛もない口げんかで、ある程度言い合ったらどちらかが自然と引く。ニュースであるような殺傷事件には到底至らないような、軽い喧嘩だった。 ...

日本史上最大の被害を出した獣害は、北海道であったヒグマによる事件。この事件以後もヒグマの被害は続発し、北海道開拓の妨げともなっていた時期がある。北海道をバイク旅行した時に言われたのは、『だから野宿なんかしないようにしろ』と言う事だった。 ...

実家の土蔵を壊して、若夫婦である私たちの家を建てることになった。建物のあった跡地に建てる場合には本来は必要無いらしいのだが、念のため隣の集落に住む神主さんに頼んで地鎮祭をやることにした。 ...

現在はもうその土地を引越して私はすんでおりませんいつのころからあるのかは知りません。私が小学校に通い始め物心ついたころにはその 家 はすでにありました。結構田舎で学校に通うのにあぜ道を毎日かよっていましたその途中にある一軒の家の話です。 ...

ただ俺が昔体験した怖い話だ。あれは俺がまだ小学校の高学年くらいの頃の話だ。ウチには妹がいてそのせいで人形とかがあったんだ。 ...

2月に起きた本当の話。そろそろ自分の中でも整理ができてきたので投下する。大学4年で就職も決まり学校生活も落ち着いたので、念願の車の免許を取るべく免許合宿に行ったんだ。 ...

大無間から光へ。これが一発でわかる奴は山が好き。けど、行った事のある奴は少し変態かな。このルートはそんな所だ。これは2001年夏。 ...

これはまだ僕が京都で大学生だった時の話です。当時バンドを組んでいた僕は、週末の夜になるとバンドメンバーとスタジオに入り練習をしていました。 ...

↑このページのトップヘ