次元の扉 オカルトまとめ

いつもの日常から一歩、次の次元へ… 世界のオカルト情報をお届けする2chまとめブログです。 定番の都市伝説からマニアックなネタを2ch等からご紹介します。

2022年08月

昔住んでた家に開かずの間があった。しかし、小さい頃に一度だけその中を見たことがあるんだが(何故かその時は開いていたのだ)、鎧が椅子の上に鎮座していたのを覚えている。最近、親と話をしていて何気なくそのことを口に出したのだが、その途端親が血相を変えた。 ...

これは俺の親戚のおばちゃんから聞いた話だ。おばちゃんは多少霊感がある人らしくて近所では「伝説のおばちゃん」とか言われてて自分でもそう言ってる。 ...

歳がばれてしまうが、俺が大学2年のときだから、もう15年も前の話。学校は埼玉だったんだが、その日は授業さぼって一人で新宿をふらふらしていた。とくに行くあてはなかったんだけどね。 ...

高校の時に新聞配達をしてたその時とっても怖い思いをした話配達してたのは、俺が住んでいた団地8棟。 ...

登山者の間で語られる『冬山のタブー』は、ご存知の方もいるかもしれません。登山の途中、別のパーティーと出くわすことがままありますが、そうした場合互いに軽く挨拶します。 ...

これは7年ぐらい前の話です。高校卒業後、就職して初めての一人暮らし。実家から徒歩30分程度の所で、まったく土地勘がない場所じゃなかった。 ...

ちょっと長いですが、去年の話です。大昔から白い蛇が住み着く実家の影響で、幼少期に蛇が憑いた。 ...

夏、夕立にあうと思い出す話。ちょっと長文になります。父親の故郷は山の中のすごい田舎で、小学校中学年の頃まで、毎年夏休みには家族みんなで遊びに行ってた。 ...

あれは俺が4、5歳の夏だった。俺の実家は凄い田舎で蛇や野犬はよくいた。俺はその日じいちゃんと祭に行ったんだ。御輿が3つくらい集まって櫓のまわりを廻るみたいな小さい祭だったけど楽しかった。祭りが終わってじいちゃんと二人で田んぼ沿いの道を帰ってるとき向かいから御 ...

3年前のお正月に赤坂の日枝神社に初詣に行ったんだけど、鳥居の下まで行くと右脇腹が痛くなってどうしても境内に入れなかった。 ...

現在進行形な話でよければ・・・昨晩、知人の家で二人で飲んでました。テレビは点けっぱなしにしてあったので、話題が尽きると自然と二人で黙ってテレビを眺めてました。で、ローカル局の数分程度のニュース番組を見ていた時、我々は同時に気付いてしまいました。 ...

深泥池での話。自分が直接体験したのはごく一部です。ほとんどが後に聞いた話になるので、できるだけ補完しながら書きますが分かりにくい所はご勘弁。当時、俺は高校生で深夜のガソリンスタンドでバイトしていた。(このスタンドも不思議な事が起きる所だった。) ...

娘を連れてドライブに行った。なんてことない山道を進んでいって、途中のドライブインで飯食って。で、娘を脅かそうと思って、舗装されてない脇道に入り込んだ。 ...

実体験なんだけども不思議なことがあったんで。俺が車で大事故にあって大怪我&廃車になってしまってから半年。退院してから中古の安い車を買ったんだけど、その車がすごく怪しい。 ...

↑このページのトップヘ