次元の扉 オカルトまとめ

いつもの日常から一歩、次の次元へ… 世界のオカルト情報をお届けする2chまとめブログです。 定番の都市伝説からマニアックなネタを2ch等からご紹介します。

2022年06月

俺が小学生だった頃経験した話。当時、俺は怖い話が好きだった。どこか遊びに行くときはいっつも『怖い話集!』みたいな本を持って行って、怖い話をするのが好きだったわけ。 ...

その日、終電に乗り遅れて、カプセルホテルに泊まった。部屋のカプセルの大きさは、縦幅190、横幅恐らく100㎝ないくらい。風呂に入った後、ビールを飲んで、涼んでからすぐに寝た。 ...

俺の先輩の大学7年目の人なんだが、安アパートからもっと安いとこに引っ越したら女の幽霊が出るって言うんだよ。その先輩は和室の4畳半にベッド置いてるんだけど、前はそんなことなかったのに、部屋がかわったとたん夜中に目が覚めるようになった。 ...

怖いと言うか、よくわからんくてモヤモヤしてる話なんだがウチの地域の子供達は、必ずあることを親から言い聞かされている。『夢の中に箱が出てきても絶対に開けてはダメだよ。その箱を開けたらとても恐ろしい事が起こるから』 ...

海が近いせいか、漁師さんの迷信みたいな話を近所でよく聞かされた。『入り盆、送り盆には漁をしてはいけない』とか、『海川に入ってはいけない』とか。でも、この話はうちの近所だけじゃなくても一般的みたいだけど。 ...

ある日、郵便受けに切手のない封書が届きます。その中身には白紙が入っているそうです。そこで「なんだこれ?」って捨ててしまったら、とんでもない目に会う事になります実は、白紙の紙と別にもう一枚、封筒の中には小さな紙があるのです。 ...

小学生になった頃なんだが、家の近所に従兄弟が引っ越してきててさ。大学の都合で俺の実家の近くのアパートで下宿しながら大学通ってたんだって。 ...

1: 風吹けば名無し 2020/10/03(土) 10:12:56.36 ID:OGRyD4qf0 2006年09月02日に三重県津市で発見された60~70歳位の行旅死亡人の情報 2006年11月09日 官報掲載 本籍・住所・氏名不詳、年齢60~70歳位、性別男、身長約153cm、体重15kg、体格小さくミイラ化、 着衣及び ...

大学時代、サークルの友人と二人で深夜のドライブをしていた。思いつきで隣の市のラーメン屋に遠出して、その帰り道にくねくねと蛇のようにうねる山道を通った。昼間は何度か通ったことがあったが、夜になるとこれが同じ道かと思うくらい無気味な雰囲気だった。 ...

中学1年の時の話なんだが、夏場に腹を壊して地元の市民病院に入院したんだ原因はただの胃腸炎だったし1週間程度で退院できるとのことでしかも、4人部屋を俺一人での独占だったし初めての入院経験を楽しんでいたわけだ ...

北関東の田舎の、あるお寺のお坊様から聞いたお話。「即身仏はなぜ尊いとされたのでしょうか」と、その寺のお坊様は私に尋ねました。「それは『餓え』という生命全てが持つ生存欲を意志の力で越えていく行為ゆえです。 ...

小さい頃、近所に台湾人霊媒師のバアちゃんがいた。オレが一歳くらいのころ、母親がそのバアちゃんちにオレをよく連れて遊びに行ってたそうなのだが、その度にバアちゃんちにある坊さんの白黒写真をジーっと見てたそうな。 ...

俺が消防の頃の話なんだが。学校ではコックリさんが地味に流行ってて、放課後友達4人でやってみたんだ。4人中1人は霊感が強い奴で、俺は霊を見たりはないが金縛りは日常茶飯事で変な声を聞いたりしてしまう、いわゆる霊媒体質だった。 ...

よし、18年ちかくだれにも話したことない話をしよう。実話なので地名は伏せます。直接かかわったわけではないので、何がどうという詳細はよくわかりません。 ...

↑このページのトップヘ