次元の扉 オカルトまとめ

いつもの日常から一歩、次の次元へ… 世界のオカルト情報をお届けする2chまとめブログです。 定番の都市伝説からマニアックなネタを2ch等からご紹介します。

2022年02月

工房の時の話です。俺の学校の近くに友達の家があって部活の帰りに良く寄っていったんですけどその家の近くにはお寺と墓場が…何かありきたりな感じでいかにも出そうなんですよ。夜に。 ...

その時、いろいろと話と過ちについて考えていたので周りの風景など気にも留めていませんでした。普通に信号が赤だからとまっていただけです。深夜二時のこのあたりは閑散としており、人通りは都心ですが全く無い。 ...

友人が彼氏に二又をかけられて別れた。腹が立つけれど復讐のしようが無い。で、ムシャクシャして半分冗談で、彼氏に呪いをかけてみることにしたんだと。 ...

俺は昔、かなり古い家に住んでいた。まぁ13歳ぐらいで、祖父さんとよく物探しをしていたのは今も覚えてる。 ...

※ここに書かれていることは事実かどうかは不明です。 ただ、歴史的背景やれっきとした所以があるものは効果があったという記述も沢山見られます。 あくまでネタとしてお楽しみください。 試す場合は自己責任でお願いします。 1: 名無しさん 14/03/23(日)22:20:38 ...

けっこう前の話。沢を釣り上がってると、上流からかすかな腐臭が。コレはなんか死んでんなと思いながら遡上すると、案の定、淀みに浮くイノシシがあって酷く臭い。 ...

私の地元の話です。漫画のような話ですが、少々お付き合いください。私は高校時代電車通学していました。 ...

不思議な体験があります。浪人生だった時分、俺が愛犬の散歩をしていて、近所の神社(100mくらいしか離れていない)の鳥居の前を通りかかった時。 ...

漁村を見下ろす丘の上には、小さな林と『軍人御殿』と呼ばれる古いお屋敷がありました。お屋敷は平屋ですが、別に土蔵もあり、白壁で囲まれていました。後ろに林、前には海を一望しています。 ...

バルチック爺さんが日露戦争中に見聞した話です。彼はその後、関西の都市部で衛星看護兵の訓練に携わりました。そこで知り合った医務教官から聞いた話だということです。 ...

俺は確か知り合いと親戚の祖父の葬式に出たんだ。祖父の家は俺が今すんでる家から3時間くらいの所にあるんだけど式はまぁ普通に終わり、次の日仕事もあったもんだから、その日のうちに帰る事にした。(知り合いも同じ方向)夜中の2時過ぎくらいには家の近くまで着いた。 ...

男が深夜の高速道路を走っていた。彼女が助手席に乗っていて、一緒に目的地までドライブしていた。トンネルが多くなる山道のあたりだったと思う。 ...

祖父が未だ子供の頃の話。その頃の祖父は毎年夏休みになると、祖父の兄と祖父の祖父母が暮らす田園豊かな山麓の村に両親と行っていたのだという。その年も祖父は農村へ行き、遊びを良く知っている当時小学校高学年の兄と毎日毎日、朝から日が暮れるまで遊んでいた。 ...

↑このページのトップヘ