次元の扉 オカルトまとめ

いつもの日常から一歩、次の次元へ… 世界のオカルト情報をお届けする2chまとめブログです。 定番の都市伝説からマニアックなネタを2ch等からご紹介します。

2021年11月

長男がまだ2歳になるやならずだった頃。旦那が2階で見ていてくれるというので、任せて自分は下の小さな花壇の処理をしていたら、上から「ママ~」という声。 ...

社会人になり、このワンルームマンションで一人暮らしを始めたころの話です。そのマンションは作りも立地もよく、そして家賃がかなーりお安くと、何より大卒リーマンにとってはすべてが好条件でした。 ...

高校の時の友人に聞いた話を書きます。彼が中学生の時行った修学旅行だか林間学校だかでの事です。 ...

金縛りって要は体が寝てて頭だけ起きてる状態。だから体は動かなくても意識が割りとハッキリしてる。自分はたま眠くて横になってると金縛り状態になって半分夢のような奇妙な体験をする。 ...

もう十年以上前の話。中1の頃、自然学校って言うの?学校の行事で山間の宿泊施設に泊まって、ハイキングや炊飯やったりするやつがあったんだよ。 ...

学生の頃、練馬の木造ボロアパートに住んでた。 そこで一年くらい暮らしたある日、初めて友人が泊まることになった。 飲んでるうちに終電過ぎてしまい、仕方なく俺のアパートに来たのだ。 ...

“クロちゃん”という呼び名の、某ゲーム会社で働いている男がいる。  ある連休の初日に、クロちゃんはひさしぶりに遊び仲間と飲み会をやって、べろんべろんになってしまった。 クロちゃんの実家は郊外にあるI市だ。 ...

僕がまだ六歳ぐらいのときの話。それまで市街地に住んでたんだけど、小学校へあがる春に緑の多い郊外に引っ越したんだ。近所には田圃や畑があって、兼業農家をやってる地元の人が多い。 ...

私の地元は自殺の名所で有名(?)な三国東尋坊なのですが、 親戚のおじさんがそこで消防団に入っていました。消防団と言っても火事を消しに出るよりは、東尋坊からの飛び込み自殺死体を 引き上げる方が多かったみたいです。 ...

夜、就寝する時、何かの気配を感じて寝付けない事がある。吐息を感じたり、物音がしたり、空気が違ったり、眉間が痒くなったり。 ...

『年神様』って知ってる?大晦日の晩に、「ほとほと、ことこと」と家々の戸を叩いて回るといわれている神様。私は中1の時、その経験をした。 ...

小学生の頃の話。学校から帰宅してテレビ観てたら、祖母から電話がかかってきた。内容は、隣家に住んでる祖母の叔母(おんば)がいなくなったから、捜すの手伝えとのこと。(親戚一同呼ばれた) ...

西洋の怪奇短編集の編者あとがきで読んだ話。うろ覚えでごめん。(本のタイトルも失念)編者の高校の漢文の先生が若いころ、散歩の途中で一匹のナメクジが、じっと前方の樹を見つめているのを見つけた。 ...

友人Aから聞いた話。Aが都内のある雑居ビルでバイトをしていたときのこと。仕事がなかなか片付かず、先輩と二人で夜1時すぎまで4階の事務所にいたのだが、どうにか残りの仕事は先輩一人で終わらせられるところまで来たので、先輩が先に帰れと言ってくれた。 ...

その日、私は友人の田中、そして飯田と遊ぶ約束をしていました。集まったのは飯田の家。天気もよく、一日だらだら過ごしていました。すると、飯田が「ちょっと出掛ける」と言いのこし、出掛けていきました。 ...

↑このページのトップヘ