次元の扉 オカルトまとめ

いつもの日常から一歩、次の次元へ… 世界のオカルト情報をお届けする2chまとめブログです。 定番の都市伝説からマニアックなネタを2ch等からご紹介します。

2021年09月

1: 名無しさん@おーぷん 20/04/21(火)16:11:25 ID:YDx 俺は経験上、モノを大量処分する自分の思い込みや間違った考えに気づいて認める運動すると、運気が上がる ...

子供の頃、みんなが顔見知りみたいな商店街の傍に住んでた。商店街は新宿から20分くらいの私鉄の駅前から始まって、中程にパン屋、時計屋、寿司屋が並んでいた。 ...

20年ほど前、俺が実際に体験した、いまだに信じられない話を書こうと思います。というのも、俺の周りには超常現象的なものに詳しい人物が全くいないので今から書く実際に体験した出来事を一体どう解釈したらいいかわからないからです。 ...

春の新緑の中、単独で下山していました。山は登る時は意気揚々としていますが、下りは虚しいものがあります。また、単調な下りは疲れるものです。 ...

俺たちの部室には、寝袋がいくつもあった。どれも古く、カビ臭く、あまり気分の良いものではなかったが、在学中だけ山をやる者や、新入生が使うには手頃だった。 ...

岩壁の基部でルートが分かりづらい時、残置ハーケン(※岸壁の割れ目に打ち込んで使用する杭)を探すというのは、ひとつの方法だ。 ...

あんまり詳しく書くと地域が特定されるので端折って書く。私の生まれ故郷は中国山地の近くの山村で、じいちゃんもばあちゃんもその村で生まれて知り合ったらしい。 ...

元々国の催事に関する占いをしていたようで、明治の頃は士族だった家系。家の敷地内から文化財が出たりして、この辺では知らない者の無い家柄だった模様。 ...

ところで、俺の話も聞いてくれよ。不思議な話って感じなんだが、ちょいと喋りたくなったんだ。俺がまだ中学生だった頃、地元じゃまだ自然がいっぱい残ってた。 ...

俺はばあちゃん子で、いつもばあちゃんと寝てたんだが、怖い夢を見て起きたことがあった。たぶん5歳くらい。夢の内容は、ボロボロの廃屋みたいのが三軒くらいあって、その手前に堀があり、そこに信じられないくらいデカい魚が泳いでる、というもの。 ...

5、6歳の頃に死神を見た話。夜、私は高熱を出して寝ていた。目が覚めると高熱で苦しかったのが嘘のように頭がスッキリして体が軽かった。病気が治ったんだと思い、窓を見ると薄明るかったので起きようかまた寝ようか迷っていた。当時の家の寝室は窓が磨りガラスだったので、 ...

友人の父親の家では代々、男衆が一定の年齢に達すると、その家にとっての“決まった土地”を、白い装束を着けて、決まり言葉を(念仏なのかな?)ずっと唱えながら巡るのだそうです。 ...

うちの地区のお寺に安置されてるお地蔵さんの話。うちの町は海辺の小さな田舎町。母がまだうら若き乙女だった頃近所の婆さまが死んだ。 ...

私が9歳の時、父の仕事(自営)の取引先の人が初めて私の家に来た時、私が案内の為に迎えに行きました。その人は優しくて気さくなおじさんって感じで、それ以来我が家にちょくちょく仕事の為に来るようになりました。 ...

小4くらいの時の話。夏休みになると、父方のじーちゃんの家に遊びに行ってた。じーちゃんの家は裏が山で、良く一人で虫取りとか工作ごっこをして遊んでた。 ...

↑このページのトップヘ