いつも福岡市の室○川をジョギングしてるんだけど、
ここは遊歩道が整備されていて平地なので、
ジョガーには人気だったりする。


6月の某日の夕方、

「今日は上流まで行くぜ♪」

と気合入れて走ってた。

外環状線を越え、
人家もまばらになっても遊歩道が続くので、
どうせなら際まで行こうと思い、走り続けると、
この時期特有の蚊柱が何本も立ってて、
口に入らないように避けながら走ってた。

蚊柱を抜けると、
何となく空気が違うというか、
静かと言うか…つーか人が誰もいない。


まぁ…人家も少ないし…と気にせず走ってたら、
某有名もつ鍋屋の近くで川の方から

「キシャ―…キシャ―」

と聞こえてくる。

汗だくの俺は特に恐怖も感じることなく何気に見ると、
そこには棒切れのような細い人の形をしたのか2体、
川を流れている夏ミカンのような果実を拾おう?と蠢いてた。

ギョッとしたが、
彼ら?は俺の存在を気づかないようで
流れるミカンを追っかけている。

そのまま俺は彼らを通り過ぎ、
さらに上流まで行き、
折り返して同じ道を通ったら、まだ居た。

歩きながらしれーっと見てたけど、
棒ではなく藁を細く束ねたような感じだった。

そして相変わらずミカンを拾おうと

「キシャ―キシャ―」

と言ってた。

そして蚊柱を抜けると普通の遊歩道にもどってた…

リーマンなのに厨二病なのかな?