小学校の頃に黒い人がいるという奴がいた。

そいつとは正直あんまり仲良くなかったんだけど、
家が近くなので集団登校を一緒にしてた。


ある日、そいつがうちの向いの家を指差して、

「あの家の玄関のとこに黒い人がうずくまっとる」

と言い出した。

自分の家のまん前だし気持ち悪かったので、

「お前、嘘言うなよ」

と詰め寄ったけど、
その家から目を離さずに

「嘘ちがう。黒い人がうずくまっとる」

と言って譲らなかった。


放課後家に帰ると、
うちの親がどたばたしてて、
どうしたのかと聞いたら、
昼過ぎにお向かいのおばーちゃんが亡くなったから、
といわれた。

それからしばらくして、
そいつがまた別の家を指差して、

「あの家の前に黒い人がうずくまっとる」

と言ったのを人伝に聞いた。
(これは放課後)

前の一件で有名になっていたので、
誰か死ぬんじゃね?と学校でもかなり話題になっていた。

そしたら、
その日の深夜にその家のご主人が、
奥さんの目の前で車に轢かれて亡くなったらしい。

ホンモノじゃん!となったけど、
何故かそこからそいつは逆に孤立しだして、
イジメには発展しなかったんだが、
みんな距離おきだして、
しばらくして引っ越していった。