俺は、警察官だ、曲がったことが嫌いである。

時には、酒も飲み、タバコも吸うが、曲がったことは、なにもしたことがない 。もちろん、警察官としての勤務態度も、人一倍良かったはずである。


自分では、そう信じてきた。あんな体験をするまでは・・・。

ある冬の夜だった。 その日は非番で、仲間と飲みに繰り出していた。

俺の勤務する○石署は、どちらかと言えば、田舎にある。このまえの夏は、全国的に有名な事故が多発した町である。

テレビのワイドショーを何度か賑わしていた。警察官としては、面白くない話題である。

久しぶりの飲み会で、俺もついつい酒がすすんで、かなり酔っていた。一緒に飲んでいた仲間の中に女の子がいたこともあり、みんなすごく良く飲んだ。

飲み屋を出て、仲間の一人が、「おい、海見に行こうか」といい、みんなも一緒に行くことになった。飲み屋から、歩いていける海、○蔵海岸についた。

ここは、昨年陥没事故で、幼い命が犠牲になった場所だった。 


「けっ、立ち入り禁止になってるやんけ、つまんねぇ。」


長いこと歩いてきた俺達には、納得がいかなかった。 


「せっかく来たのによぉ。」


仲間の一人が、いらつきだした。すると、一緒にいた女の子の一人が、こう言った。

 「ねぇ、あそこの上で、おしくらまんじゅうするのは どう?。」


ふ、不謹慎だ。

彼女の指差す方向には、将棋倒し事故で有名な、○霧歩道橋が横たわっていた。そんな所で、こともあろうに、おしくらまんじゅうだとぉ。

しかし、酔っ払ってわけがわからん仲間たち(俺も含めて)にはそんなこと関係ない。 


「おぉ。おもろいやんけぇ。」 



「でっしょー。」 


「ギリギリやなぁ。」


「なにがやねん。」



笑いながら俺達は、その歩道橋を上っていった。 


「なんや、別に怖わないのぉ。」 


「いや、怖い言うてないやろ。」 


「もっとこう、生暖かい風が吹いてたりせぇへんのかぁ。」



「せやから、べつにオカルトスポットちゃうっちゅうねん。」



ふ、不謹慎にもほどがある。

が、酔ってるからこんなものか。 



「さぁ、そろそろ、はじめますか?。」



「せぇのっ、おーしくーらまーんじゅーおーされーてなーくなぁ。」



みんなで、円を描いておしりをつきあわす。
最初は、すごく楽しかった。でも、ふと頭の隅に、不謹慎かなぁ。
と言う想いが、出てきた。その瞬間。



「えいっ。」小さい子供の手が、俺の身体を突き飛ばした。

「うわぁ。」みんなの中心に、俺の身体は滑り込んだ。

「なにをすんねん。」しかし、だれの耳にも俺の声はとどかない。

それどころか、力が強くなるばかり。



 「うぐっ。」 「苦しいよ。」 「苦しいって。」

 「お兄ちゃん、苦しいよね。」 「えっ。」



子供の声だ。なにか、周りの空気が、すごく暑く感じられた。

 「おい、なんか子供の声せぇへんかったかぁ?」


 「なにを言うとんねん。もうギブアップかぁ?」

 「いや、そうじゃなくて。」


暑い、ものすごく暑い。まるで真夏のようだ。


「はっ。」


俺は、周りを見て驚いた。

歩道橋一杯に人が、ひしめき合っている。まるで、あの日のように。

いや、あの日だ。あの日なんだ。

俺は、あの日の歩道橋にいる。



 「ぐわぁぁぁ。」


物凄い力が、身体にのしかかってくる。 

「苦しいよ、苦しいよぉ。」


ふと、下を見ると子供が人の体に挟まっている。 


「すみませーん。子供がいますぅ。」
「押さないであげてくださーい。」


声をふりしぼって、叫んだ。どおぉぉぉぉぉぉぉ。

凄い地鳴りと共にいままでの倍ほどの力が、かかってきた。 


「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ。」


周りの大人たちも、悲鳴をあげている。くそ、なんとかならんのか。

歩道橋の外に、目をやった。警察官が見える。

「おーい、なにをやっっとんじゃ、ここなんとかせぇ。」


くそ、こんなときに交通整理なんかしやがってぇ。

誰だあいつは。あっ、俺だ。
俺がいる。いや、おれはあの日ここにはきてないんだ。
ほかの所で、飲酒検問をやっていたんだ。


 「ぐわぁぁぁぁぁぁ。」

圧力が強くなってきた。子供たちは大丈夫なのか?。


 「だいじょうぶじゃぁなかったんだよぉ。」


子供達が、俺の周りにいる。

悲しそうな目で、俺をみている。


「ごめんなぁ、みんなここのことなんて、気が付かなかったんだ。
」 

「大人達のこと、責めないでやってくれるかい?。」


「こうなったのも、止められなかったのも、俺達大人のせいなんだよ。」


「ほんとうに、ごめんな。」


「ほんとに・・・。」


「寒っ」あれ?どこ、ここ。俺は、舞○駅のベンチで寝ていた。

「おおっ、気が付いたぞ。」


「心配したぞ、お前。いきなり倒れやがって。」


「大丈夫?。」 


「飲みすぎじゃ、お前。」

仲間が缶コーヒーを差し出した。

「って言うか、なんで舞○駅?。」 


「いや、タクシー拾おう思てなぁ。」


「さっきな」


「ん?なんやぁ。」 


「いや、なんでもない。ちょっと飲みすぎた。」


「そうじゃ。帰ろ。」


俺は、さっき起こったことを、仲間に言えないまま家路についた。

その夜は、死んだ様に眠った。次の日、出勤した俺に、後輩がこういった。

「先輩!、どうしたんですか、そのアザ。」

アザってなんだ?


「どこぉ。アザってぇ?。」


「腰のところですよぉ、ほら。」


鏡をあてて見て、俺は凍りついてしまった。


そこには、くっきりと子供の手形が残っていた。

あれから、もう半年以上たつが、いまなおはっきりとそのアザは 俺の背中に残っている。なにかを言いたそうに・・・