高校の同級生が当時体験した話なんだが、
1995年初春の話。

当時そいつら、
AとBは相当仲が良くて、
よくBがAの家に泊まりに行ってたんだ。


Aの部屋は当時俺らのたまり場で、
俺もちょくちょく顔だしてたんだが、
その日はBだけが来てたらしい。

そんで酒飲みながらゲームしたりだべったりしてた。

だけどさすがに毎日のように話してるせいで
ネタもつきてきたなってことで、
度胸試ししようぜって話になった。

Aの家はでっかい坂の下にあって、
その坂の上には古い神社がある。

四世紀にはあったて記録されてるって話。


所謂、由緒正しい神社。

でも参拝者は少ないし夜間の照明もない。

そのかわり夜間もオープン。

賽銭より地元の寄付で存続してる、
市からもいくらか出てるらしいから、
まあ田舎の文化財扱いかな。

もともとは神社じゃなくて古墳だったんだ。

その坂の上っていうか
岡の周辺はもともと遠浅の海で、
その岡は島だった。

その島一個がでっかい古墳になってたわけ。

そんでその後そこに神社ができたってわけ。

ネタ切れのAとBはそこで肝試しをしようって決めて、
夜中の1時頃家を出たらしい。

神社は坂をのぼりきったところから
50メートルくらい敷石の道が続いてて階段がある。

その階段を上って
また50メートルくらい敷石の道をあるくと
社殿にたどり着くんだ。

その社殿の裏は森になってて、
その森の中の道を200メートル程歩いていくと
森の中にぽっかり空いた30×30メートルぐらいの広場に出る。

そこが古墳の石室が発掘されたところで、
埋葬された人(女性)の姿をかたどった石像が祀られてる。

上で言ったコースを一人ずつ、
懐中電灯一個持って往復する。

はじめに行った奴が石像の足元に印つけた石を置いてきて、
次に行ったやつがそれを持ち帰ることで行ってきたことを証明する。

ルールは至って単純。

じゃんけんしてAがはじめに行くことになった。

Bは神社の入口の石の鳥居の前で待機。

コースの往復はまあ足元に気をつけて
ゆっくり歩いても20分もかからない。

Aの姿が見えなくなって
10分、20分、30分・・・。

いつまで待ってもAが帰ってこないわけ。

そんでいい加減飽きたBは
Aを探しに石室の広場まで行くことにしたんだって。

で、真っ暗な森を抜けて広場についたら真っ暗な中、
Aが懐中電灯もつけずに広場の端で、
岡の斜面の下を見下ろしてたらしいんだ。

口あけてぽかーんて感じ。

あっけにとられてるって様子だったらしい。

で、
BがAになにやってんだって声をかけようとしたんだけど、
その前に気づいたんだって。

BとAは15メートルぐらい離れてたんだけど、
石像の近くから白っぽい人影が明らかにAの方に近寄ってたらしいのね。

抜き足差し足ってくらいのスピードで。

Bはなんだかわかんないけど
とりあえずヤベェって思ったらしい。

本能的に。

そんでぽけーっとしてるAの側に急いで駆け寄って、

「オイ!ヤベェ、逃げるぞ」

って言ったんだがAは、

「あ?ああ、あ?」

とか言ってる。

その間にも白い人影は近づいてきてて、
今度はBの方に向き変えてきたらしい。

Bもうパニック。

そんでむりやりAの背中蹴り飛ばして
家まで逃げ帰った。

家についてばたばたしてたら、
うるさいからAのおふくろさんとおやじさんが起き出して、

「なんだ?」

って言う。

Aがまだぼーっとしてるから
Bが事情を説明したら、
おやじさんが真っ青になって、
神社からちょっと離れたとこに住んでる神主さんに電話したらしい。

時刻午前3時。

そんで3時半頃、
神主さん、Aの両親、A、Bで集って、
社殿の扉全部閉めてなんかお祓いやってもらったらしい。

はじめ太鼓ドンドン叩いて神主さんが祝詞みたいなの唱えて、
後は全員一言もしゃべっちゃいけないって言われて
社殿の中で正座。

4時から5時ごろにかけて、
獣が喋ったらこんな感じかなって太いのにかすれた声で、
日本語風なんだけど意味のわからない叫び声が聞こえ
続けて外の壁ドンドン叩かれたりして
全員ガクブルだったらしい。

で、ようやく夜が明けて6時頃。

怪奇現象も収まって、
神主さんがもう大丈夫って言ったおかげで全員安堵。

神主さんの言うことにゃ、
あそこは夜は古墳の主のためだけの空間になってて
はいっちゃいけないらしい。

下手にはいると連れて行かれると。

んで向こうで古墳の主の奴婢(変換できた)にされちまうと。

とりあえず今回はどうやらお許しが出たから
今後心配はいらんけど、
今後この神社に来ちゃダメだと。初詣もダメ。

で、落ち着いて、BがAに、

「なんであそこでぼけっとしてたんだ」

って聞いたら、
広場についたらいきなり昼になって、
なんか周りの雰囲気も違ったんだそうな。

それになんか潮の香がするから岡の斜面の下を覗き込んだら、
一面海だったんだと。

本来、斜面の下は全部田んぼ。

干拓地でできた新田だ。

そんで、なんだこれ?

と思って時間も忘れてぼーぜんと眺めてたら
いきなりBが来て、背中蹴られたらいきなり夜になって、
わけもわからず走って帰ったらしい。

もしBが迎えに行かなかったらどうなってたのか。

その後、石室の広場は夜間立ち入り禁止になった。