友人と2人で車でスキー旅行に行った帰り、真夜中3時過ぎ、
東北の某村を、近道して通り抜けようと車を走らせていました。

土地勘が無い上に街灯の無い真っ暗な道で、
2人共かなり不安でした。



両脇の畑は残雪で真っ白でした。


不意に脇から松明を持った老人が、
何か叫びながら私たちの車に向かってくるのが見えました。
老人の表情が尋常で無いのが怖かったのですが、
何を言ってるのか聴く事にして、車を止めて窓を開けました。


方言で聞き取りにくかったのですが、
怒った口調で先に行くなと言ってるようでした。


しかし、今から来た道を戻る気になれなかったので、
どうしてこの先に行けないのか聞き返しました。


ですが老人は、
この先に行くなの一点張り。


こちらも意地になって、
窓を閉めて車を発進させました。


するとまたその先で、
松明を持った別の老人が雪原から現れました。


同じ事を言われるのがイヤだった私たちは、
車を止めずに行き過ぎました。


ところが、
今度はいきなり道が無くなっています。


急ブレーキで止めた車のヘッドライトの光線は、
何も照らし返すことなく、ホントに漆黒の闇です。


何事かと思い、
2人で車を降り立って見た光景は信じられないものでした。


凄まじくデカイ穴が雪原に開いているのです。


その穴はクレーターの様な形で、
穴自体には残雪がありませんから、
昨日今日に出来たような感じです。


底には鳥居が立てられて、
鳥居の廻りで松明を持った数人が、
何か儀式らしい動作をしています。


2人共、同時にコレはマズイと感じて、
大急ぎで車に乗り込み、もと来た道を戻りました。


道の途中で、
十数人の老人がこちらを睨み付けている横を通り抜ける時には、
ホントに冷や汗が噴き出しました。


山を1つ越えて街灯の灯った町中に入った瞬間に、
友人も自分もやっと口が開きました。


後日、あの穴は何だったのか確認しようと、
昼間同じ村に出かけたのですが、
穴は無く、道も全く途切れていませんでした。


ただ、ゴルフ場を作る工事の告知の看板だけがそこに有りました。