薬とか幻覚扱いされそうだけど、
ちょっとだけ異空間に行った。(多分)

ある日、
就活で疲れ果てて横浜地下鉄で眠りこんでしまった。


降りるのは仲○台だが、
夕方のはずなのに車掌さんに起こされて、
終点で降りたら真昼。

周りには黒っぽい服を着た似たような人達がいて、
終点の駅は真っ白なトンネル状に天窓がついた近代的なホーム。

駅の名前は複雑で中国語みたいな旧漢字
『譬娜譌爬…』みたいな羅列になっていた。

びっくりして周りをキョロキョロした後に固まった。

とりあえず外に出ないで逆方向に乗ればいいはず!!と、
何とか逆側の地下鉄に乗ろうとしたが、
ホーム両脇の表示は逆方向も見知らない漢字の駅名になっていた。


外に出てバスを乗り継いだら帰れるかも、
とも考えたけど勇気が出なくて、
エスカレーターを降りたら駅の事務室あるかも…
とエスカレーターを降りた。

すると、まだ駅構内のはずなのに外に立っていた…

真冬なのに太陽が明るくて、
空の色はミカン色。

慌ててパニックになって、
就活の格好のまま走った。

走りながらケータイで自宅にかけたら
『この番号は間違っています』と言われ、
目の前に見えたバスの停留所横に座って、
鞄の中のカロリーメイトを食べた。
(メープル味)

就活がうまくいかないのと恐怖と
カロリーメイトを食べた喉の渇きで涙が出てきて、
下を向いて泣いていた。

一時間くらいそうしていたら、
近所のおばさんらしき人が

「大丈夫?」

と声をかけてくれた。

泣きながら

「うぢに帰れないんでず…」

と言うと、

「角を曲がって地下鉄にまた乗って!!走って乗って!!」

と、背中を叩かれた。

なぜか雑誌を渡され、そのまま走って、
走ったまま改札をぶっちぎり、
乗って来たのとは違う地下鉄に闇雲に走って乗った。

地下鉄は長いトンネルをずっと走って、
一時間くらいずっと立ちっぱなしでお祈り?してた。

ラジオの雑音みたいな音が聞こえてきてまた泣いた。

「喉渇いた」

と独り言を言ったら、
急に雑音から地下鉄の音に切り替えたみたいに
「次は中○ー」とアナウンスが聞こえた。

再び降りたら、
そこは中○駅だった。

普通に日が暮れていた。

おばさんに渡された雑誌はまだ持っているが、
それは20年くらい前に普通に売られてた『オリーブ』って雑誌だったので、
異空間の証拠にはならない。残念だ。