この時期、日曜になると思い出すことがある。

中1のとき、夏休みに入った直後のある日曜、友人の家に行った。

二人でげらげら笑いながらふざけあっていると、いきなり怒鳴られた。


「うるさい!いらいらさせるんじゃない!外で遊べ!」

友人の父親だった。

しかたなく外に出る・・・いや、私は帰ることにした。
「ごめんな、なぜかおとうさん最近機嫌悪いんだ」
と謝る友人。

翌日、新聞の片隅には、友人の父親が殺人で逮捕されたことが報じられていた。

数日前に、金銭上のトラブルで、知人の喉をカッターで切り裂いたらしい。

そういえば、帰る途中にパトカーとすれ違ったのを思い出した。

普段見かける時と違い、えらく物々しい感じだった。

そういうことだったのだ。

機嫌の悪い原因を理解すると同時に、殺人者の心理というものを垣間見た思いがした。

友人一家はどこへともなく引っ越した。
私も友人とはあれを最後に会っていない。