もう、20年ぐらい前の話なんですが、当時住んでいたところで立て続けに死人が出るということがありました。

もちろん、死因は別々だし、死人が立て続けに出ることなんてあまり珍しいことではありません。まぁ、年寄りばかりでなく年代も別々だったんですけど。

で、当時ちょっといっっちゃってた姉が、「この街には死神がいる」とか言い出したんですよ。もともとアレだったし、私もそういうことは信用しない性質なんであまり気にしてなかったんです。

しかし、しばらくすると予言めいたことをするようになったんですよね。「次は○○の××が死ぬね」とか。

…はい、そうです。その人死にました。

病気とか危ないとかいうなら予測も立つんですけど、別になんてことない元気な人でした。死因を言わないし、疑わしいっちゃ疑わしいんだけど、死んだのは事実。

んで、怖くなったので姉を問い詰めることにしたんですよ。いっちゃってる人間からまともな話が聞けるかどうかってのもあったんだけど、とりあえずね。

したら、「死神がくるんだよ。寝てる時にね」とか言うの。

死んだ人たちは、「彼らは死神についていったんだ」って。死神は一人じゃなくて、団体なんだって。

ジェントルメンらしいよ。でも、ちゃんとした死神じゃないらしくて、ついていった人たちは永遠に「死ねない」ことになってしまうらしい。

死神の言うことがすばらしいので、ついていってしまうらしい。んで、街から街へと渡り歩くんだそうだ。

そうやって仲間を増やすって。しばらくして死神はいなくなったらしく、死人も減ったんだけど、今姉にその時の話をしても(゚Д゚)ハァ?って言われるだけ。

まぁ、姉の症状と死人の多さはあまり関係ないと思うけど、当時厨房だった私には((((;゚Д゚)))ガクブルでした。【補足】なんで姉が死ぬ人を知っていたかと言うと、死神はついてこない姉に驚き、感心していろいろと教えてくれたんだそうだ。

客観的に見るといろいろ矛盾しているんだけど、本人は筋がとおっているらしい。いっちゃってる人だったんで、細かいところは許してやって。