私が小学生の頃。

土曜日で学校から帰ってきて、
友達と遊ぶ予定も無かったため
父の撮りためていたVHSビデオを片っ端から見ていました。
中にはちょっと卑猥な深夜番組や
北極で美女とクマさんが
あんな事やそんな事をする
「北の国から」というビデオがありました。

一息ついてから再度捜していると、
唯一ラベルがないVHSがありました。

几帳面な性格の父ですから、
何か意味があるんだろうなと思い
再生しました。


トラッキングがあっていなかった為
調整をしていると、
白い壁に赤いベンチが映っているのが分かりました。

ですが、
いくら調整してもそれ以上
綺麗に映ることは無く
しかたがないので、
そのまま見ることにしました。

しばらく見ていると、
赤いベンチが徐々に大きくなっていることに気がつきました。

やがて画面一杯が赤くなった時、
視点がぐるりと縦に回転し、
眼球の右端に傷のある赤い目が映し出されました。

その後、父が帰って来るまで
私は砂嵐を見続けていたようです。

私に霊障はありませんでしたが、
右目の右端には赤茶けた傷が
今も残っています。