これは俺が小学校3年か4年のときに体験した話。

ある町で、
何年か前から放置された巨大クリスマスツリーが邪魔だと問題視されていた。
俺の家はマンション経営していて、
その4階に住んでいた。

かなり離れた町なのに、
4階のベランダからでもよく見えるほどの巨大なクリスマスツリーだった。

そのツリーのせいで道路が見えにくく、
交通事故が多発していたらしい。

市がどうにもしないので、
みんな困っていた。


その日は1日中大雨で、その影響か、
夜に雨が止んだ頃には空が一面ピンク色をしていた。

俺は空が気になっていたため、
カーテンを開けっ放しにしていた。

水曜日だったので、
ドラゴンボールZを観ていた。
(ちょうど界王神界で、悟飯がZソードを抜く話)

しばらく観ていると、
突然TV画面がぶらつき映像が見えなくなった。

「何だよいいところだったのに~!!」

と、TVを叩いても直らない。

その時だった。

ふと外を見ると、
妙な違和感を感じる。

空がピンク色なのを除けば、
いつもの見慣れた風景なのに、
何故か不自然さを感じる。

俺の住んでいるところは盆地なので、
外を見渡すと山が連なっている。

山の前に目をやった。

なんと、
巨大な人型の物体が歩いているではないか!!

一瞬目を疑ったが、
どう見ても巨大な人間が歩いているようだった。

そして、その巨人の手を見ると、
あの邪魔だったクリスマスツリーを持っていて、
どこかに運んでいるようだった。

30分くらい見ていたはずなのに、
TVが直って続きを観ると、
時間は1秒も経っていなかった…。

後日、例の町に行ってみると、
ツリーはもう無かった。

近所の人に聞いても、
ツリーは初めから無かったと言う。

???????!!

友達に話したら馬鹿にされた。

…でも俺は確かに見たんだ!!

あれは妖怪『でぇだらぼっち』だったのでしょうか??

未だに謎です。
(映像に残せば良かった!!)