金縛りって要は体が寝てて頭だけ起きてる状態。

だから体は動かなくても意識が割りとハッキリしてる。自分はたま眠くて横になってると金縛り状態になって半分夢のような奇妙な体験をする。
この間も深夜の2時ごろたまたま妙に寝付けなくて金縛りにあったんだけどその時に今までとは少々異なる体験をしたのでそれを書いてみる。いつもみたいに体だけ動かせなくなって「あ、金縛り(・∀・)キター」とか思わず思ったんだけどそこからがおかしかった。

自分の斜め右上の方向から妙な気配を感じる。まっくらい部屋の中でそこだけ更に暗い。

何かあるんだけど何かない、そんな不思議な感覚。空間にぽっかり丸い穴があいたようだった。

そしてそこから2本の手が伸びて自分の右腕を掴んでそこに引きつり込もうとするんだ。体というより、体の中の魂を直に引っ張るような間隔だった。

自分はベットからまったく動いていないはずのに、ズリズリとそちらに引っ張れる感触が確かにそこにあった。「まぁどうせ夢だしほっといても大丈夫だろ」と最初は思ったんだけど、すぐに怖くなってきた。

「このまま引きづられたら自分はあの中に消えてしまうのか?」なんだかいやな予感がして、すぐにベットから起き上がろうと思ったけど体の自由が利かない。まぁ金縛りなんだから当然といえば当然なんだけど。

とにかく「起きろ!起きろ!」と念じて左足に一心に心をこめる。なんとか左足の膝から下だけ自由が利くようになると「いかない。

自分は絶対いかないからな」と心に決めて、とにかく入らない力を全身に入れてみた。10秒、いや5秒だったかもしれない。

自分がすんなりそこに行くのを拒否したからか、それとも離れかけた魂と体がまた繋がってしまったからなのか。手はすぅ離れて闇の中に消えていった。

そこでようやくハッキリしてきた自分は、ベットの外の向って垂れ下がっている右腕をただぼんやりと見続けていた。わかりにくい文章ですまない。

けど全て事実というかこうとしか書きようがない。自分が後で感じてたことはもしあのまま引きづられていったら自分はどこに行ったのだろうか?その時自分はそこに明確な恐怖というか、オカルト的な怖さではなくてただ全てが消えてしまう、という漠然とした恐怖だった。

もしかすると自分は「死」の世界の欠片をほんの少しだけ覗いてしまったんじゃないだろうか?