23区内に住む友人の弟さんの経験談。

自分は友人から聞いた。
(典型的)

その地区の弟さんと同年代の男子は、
小学生時代のある一時期、
骸骨の男の子とよく公園で遊んでいたらしい。


『骸骨』は痩せ細った様の比喩でなく、
そのまま骨格標本の如き骸骨という意味。

ちなみに服は着ていたとのこと。

この手のものって、
創作にしても夕方以降に出るのがセオリーだと思うんだが、
普通に昼間遊んでたそうな。

放課後だから夕方に近いと云えば近いけど、
少なくとも誰そ彼時ではない。


で、その骸骨くん。

外見以外はごく普通の男の子で、
公園で遊んでいる間は、
子供達も特に恐怖を感じたりはしなかったという。

初対面時はぎょっとしたが、
何かこう、そういうものとして受け入れたそうだ。

そんな訳で、
骸骨くん出現後も、
子供達は公園に通い続けた。

が、何度目だかに、
日が暮れ始めたから帰ろうという時になって、
骸骨くんがもっと遊びたいと言い出し、

「親が心配する」

と断って帰ろうとする弟さんについて来てしまった。

そこで初めて弟さんは少し怖くなったらしい。

なんとなく家に入れたら不味いんじゃないかと感じたそうだ。

結局骸骨くんはマンションまでついて来たが、
急に家に上げることは出来ないと説明し、
弟さんはマンションの中に駆け込んだ。

入り口がオートロックタイプではなかったため、
部屋まで着いて来るのでは…と心配したが、
幸い杞憂に終わった。

ただ、自室に入る前に、
廊下からこそっと下を覗き込んでみたところ、
まだ入り口でうろうろしていたとの事。

そのマンションは入り口に、
防犯用の赤外線センサー?が取り付けられているそうで、

「どうもその付近から先には進めないようだった」

という話。

つまり骸骨くんは、
弟さんの迷惑を考えて入るのを遠慮した訳ではなく、
センサーに阻まれ“入りたいけど入れない”状態だったらしい。

夕暮れ時ってのもあいまって、
流石にその様子を不気味に感じた弟さんは、
その日初めて家族に骸骨少年の話をした。

友人一家は空想か何かだと思い、
その時は弟さんに適当に話を合わせたが、
いくらもしないうちに、
ご近所で同種の話を耳にするようになって驚いた。

弟さん以外にも、
骸骨少年について来られた子がいた訳だ。

ここに来てようやく怖くなってきた子供達が親に打ち明け、
その話を子供の想像力の産物と捉えた親が、
笑い話として他の親に話したり、
子供の怯えぶりを心配してご近所の父兄に相談したりして、
結果、

「何だかよく判らないが、
うちの子だけの空想話では済まないようだ」

という話になった。

勿論、大人達は子供の話をそのまま信じた訳ではないが、
とにかく子供達が怖がっているのは事実なので、
パトロールをしてみたり、

『こういう噂があります、
不審者に注意。公園で子供を遊ばせないように』

というようなチラシも、回覧板で廻された。

地元の学校でも、
公園で遊ばないよう児童へ注意があったという。

ちなみに、
目撃者・遭遇者は小学生以下にほぼ限られ、
当時中学生だった友人も、

「自分自身では見ていないし、
大人達の中にも見た人は居なかったと思う」

とのこと。

友人の知る限りという限定付きだけど、
骸骨少年について来られた子は、
ほぼ全員マンション住まいか、
閂つきの門扉がついてるお宅の子で、
玄関先まで来られてしまったパターンは、
幸いにして無いという話だった。

そういう家に住んでない子の例も少数あったらしいが、
知り合いの住むマンションに駆け込んで事無きを得たとか。

従って、
センサー・閂無しの場合や、
家に上げるとどうなるかは不明。

赤外線センサーがあると何故駄目なのかも不明だし、
そもそも、本当に赤外線センサーが駄目だったのかどうかも実際は不明。

また、骸骨少年は単に遊びたいだけのようで、
家に上げなかったことで、
その後恨まれた・危害を加えられた・霊障があったといった話は皆無。

正体も、公園との因果関係も、
その後出没しなくなった理由も不明。

結局、いつの間にか目撃談はなくなって、
自然と事態は収束したそうな。

一応当時の大人達の感触としては、
子供達の狂言とは思えなかったとの事だけど、
一種の集団ヒステリーだったのかなあ、という気もする。
(それか全部友人の創作か)

ただ何か、
夕暮れのマンションの前でうろうろする骸骨少年とか、
当たり前みたいに骸骨と遊んでて、
後からじわじわ恐怖を味わっただろう子供達の心境とか考えると、
ほんのり怖かったので投下させてもらった。

「不明部分は不明のまま、
こういう騒ぎが昔あったのだけは確かだけど、
見てないから骸骨話が本当かどうかは判らない…」

てスタンスで話してくれたので、
何か余計に怖かった。

友人曰く、

「地元民なら回覧廻ったくらいだから覚えているはず」

との事。