T山の話福岡県にあり地元民だとすぐにわかると思う。

山の麓にあるS霊園はその心霊スポットの中でもかなり有名で地元の多くの若者がそこへ行く。自分も多分にもれずそこに行った事があるが特に霊的な現象なかった。


高校生の時に綺麗な場所でキャンプをしようと言う話が出てきたのでその山の頂上付近にある小屋でBBQでもしながら遊ぼうという事になった。この小屋は誰でも使用できるようになっており、中には囲炉裏とそれを囲む椅子があるのみ。

ただし遊び半分だった為、通常のキャンプとは異なりテントも寝袋も無く、しかも食べ物だけ買い夜中にその霊園から上っていく事に。当日、夜の10時ぐらいに出発することに決め、それまでは皆で近くの海で釣りをして時間を潰した。

その後釣った魚と買った肉や野菜、料理器具をもち山に登った。山を登り始めて30分経ちはじめた頃、「怖い話でもしながら行こっか」と言い出した友人に皆が賛同しその後それぞれの恐怖体験、聞いた話等をはじめた。

怖さや夜に友人と遊べるという高揚感からあまり疲れも感じずに山小屋へ到着した。その後、火を熾す為に小屋周りの薪を集め始めた。

でもあたりは暗くあまり見えず持ってきた懐中電灯で辺りを照らすも真っ暗闇に少しの灯り。それが怖さを増ましてきて遠くまでは行けない。

小屋周りに薪になりそうな木も無い為、じゃんけんで負けた者が取りに行くことに。その結果友人二人と自分が取りに行く事になった。

小屋を少し離れて探している時に一人が「こんなとこに社があるぞ。」と呼びかけて来た。

そこへ向かうと小さな社が置いてあり、何かを祭ってる。先ほどまで怖い話をしていた自分達にはあまり気味が良い物では無く、その辺りの木を拾いすぐに小屋へ逃げ帰る事に。

その時に後ろからキーッと音が聞こえた為、振り向いてしまったが、直ぐに目を背けた。さっきまで何も無かったし誰も居なかった筈の社の前に人が立ってる、ような影がある。

懐中電灯から出ている明かりがどこかに当たって影になってるのだろうが、周りには何もない。びっくりしたのか友人も何度か懐中電灯を移動してその影の本体を探そうとするも周りに人は居ない。

怖くなり直ぐに小屋へ走った。小屋の明かりが外に漏れているのを見て少し安堵したものの後ろに何かついてきてるかもという思いは拭えないので兎に角、急いだ。

その時に中から良い匂いがしてきて、小屋から煙が出てる事に気付いた。「お前ら、何してんの?人が折角薪拾いにいってるのに、先にはじめるなって」と友人のAが怒りながら中に入っていくと中ではすでに真ん中の囲炉裏のような場所に火があり網の上で肉をやいていた。

「いや、お前らが遅いけん小さい枝とか集めてそこにあったボロボロのカレンダーを燃やした。最初は新しいやつかと思ったけど日付見たら10年以上も前のやつやけん良いかなと思って。

」とそのうちの一人が言い「10年前のカレンダーって。お前ここに人があまり来んけっていっても、10年以上も人が来んとかありえんし、掃除とかも入りようって言いよったぞ?」とAが怒りながらそのカレンダーを見に行った。

「誰かが来てキャンプみたいなんやった後に捨てていったんやろうな。」と言いながらカレンダーを捲ってたAがいきなり「うわっ」と叫んだ。

皆が一斉に彼を見てどうしたのかを聞こうとした時にすぐになんで叫んでるのかが分かった。そのカレンダーの数十枚捲ったところに小さい黒い斑点が見える。

めくれば捲るほどその黒い斑点の大きさと量は増えていき、赤黒くなって見える。Aは「やばすぎ!!」とそれをすぐに手から放り投げた。

そこで彼は先ほどの影の話をし始めて「ここやばいんやね?気持ち悪すぎる。」と言い、その場全員が来るまでにした怖い話のせいもあり固まって動けなくなった。

どうにかその内の一人のBが「見間違いやって。そんな影なんか。

しかもこの黒いのも土やろ。10年前のやぞ?雨降れば少しは色も変わるって。

」と言いながらカレンダーを拾いに行くと、Aが「お前読んでみいや。」と言い始める。

自分達にはAが何を言ってるのかわからず拾いに行ったBが「何をよ。」と笑いながらカレンダーを拾い捲っていった。

その瞬間に「ひっ」と変な声を出しながらカレンダーを落とした。「これは、無いわ。

なんちゅう悪戯をしとんやろ・・・。」と言いながら何かが憑いたんじゃないかというぐらい青い顔で目を見開いていた。

さすがに誰もそれを見ようとはせずにただ、「どうしたん?」「何があるん?」と唯聞くのみ。Aは「見たらわかるって」と言うのみでBは固まったまま動かない。

何があるのか気になったのと、折角ここまできたのに、このまま帰るのは嫌だった俺はそのカレンダーを拾い見てみた。何枚かを捲っていき、それを見た瞬間に手が震えて背筋に寒気がはしり、腰がどっと落ちた。

「うゎ・・・。なんかこれ!」と怖さを振り払おうと大きい声を出したら全員がびくっとなり一斉に俺を見た。

「まじで、何が書いとんか言えや。」と怒鳴りながら言う友人にAが「自分で見ろって!口にも出したくないわ」と怒鳴り返し、再度静かになる。

「み、皆でみればいいやん。」と何とか言うと見てないAとB以外の友人が集まって来た。

あまり、直に手で触りたくなかった為拾ってきた棒でゆっくりと捲っていく。ただ、その黒い斑点のせいでくっついている箇所もあるため、1枚づつ捲れるようにに二本の棒で開いていった。

そのカレンダーはよくある日めくりカレンダーで大きさはA4ノートぐらいの大きさ。小さくないため一本の棒で抑えてもう一本で開いていくと、8月の「19日」と書いてある場所から黒い斑点が始まった。

それは「20日」の場所から滲んでついたようで、「20日」をひらくと再度それを見ていなかった友人達が「うわ。。

」と口々に悲鳴をあげた。それは小さい字で書いており「20日この日は私が初めて手首を切った日これ見た人呪うね」と書いていた・・・。

「これは、無いわ。何でこんなん書くよ・・・。

」と泣きそうな声で言う友人。「続きはどうなったとん?」と言う友人が棒を取り、次の日を開こうとするもくっ付いてて開けない。

次に開いた所には「24日まゆみちゃんの頭から血がでてる。カレンダーに垂らしてみたら黒くなっちゃった」と書いていた。

「意味がわからん。。

」と言いつつその友人はどんどん開いていこうとする、次に開いたところはページがくっ付いて居た為に10月までくっ付いており開いたところは赤黒い染みがあるだけ。それ以降は何も書いておらず、「まじでなんなん。

」とかなりビクつきながら皆が囲炉裏の周りに集まった。「どこまで続いたんやろ。

意味がわからんし。。

」とAが言うと、Bが「1枚1枚めくれるか?お前。無理やしほっとけよ。

」と怒りながら言い出した。「誰が捲れるっていったんか?お前怖いけって突っかかってくんな」とAも言いかなり険悪なムードに。

その時に空気と言うものを一切読めないCが「じゃんけんすれば?」と言い出しB以外の全員が噴出した。それが良かったのか、怖さが収まり少しづつ余裕が出てきた。

「なんか、シーンとしとったら余計に怖いし、もういいやん、皆で見ようや。」とCが言い出し「どうせ、これも血のように色たらして、怖がらせようと書いとるだけやろ。

見よったら最後に『私、あなたの後ろにいるの』のパターンよ。」と全員を安心させてカレンダーを素手でゆっくりと捲り始めた。

なんとか剥した「21日と22日、23日」には黒い斑点のみで何も書いていなかった。次に25日は全く剥がれず26日は何とか剥がれるも真っ黒で何も読めず。

9月2日まで開いても黒いのみで書いてある様子は無い。ただ、9月3日に赤黒いものに混じって字が見えた。

「3日まゆみちゃんだけ先にいった。けずったらぎゃあぎゃあさわいでた」「4日まゆちゃん、おかえり。

帰ってきた。くっつけたらぴくぴく」「5日あんたまだみてる?みてくれる?そと」とここで気持ち悪さもあったけど、Cが言ったとおりに書いてあった為に皆が「これは、作ったんやね。

Cの言う通りやん。たちわるいなぁ」と笑いながら見てた。

「6日まゆみちゃん。まゆみちゃん。

まゆみちゃん。」とだけ。

「7日まだ?」「8日もう、いい?」「9日見てる人いる?ききたいの」「10日ねぇ、まゆみちゃんってだれ?」といきなりこの文だけ大きな字で書いていた。「こいつ精神的にいかれてるよね?」というAに「異常すぎるやろ」と皆同意した。

「11日いいかげんにして」「12日なんでわたしなの?」「13日今日私自殺します。首切り自殺です。

(←首吊りかと思ったけどこう書いてた)神社が良いかな?山?霊園?どこがいいかな?まゆちゃんもつれていくねこのカレンダー見つけた人12月24日みてねー。私は死んでるけど」と書いていた。

皆で少し笑いながら「でたでた。くるぞー。

くるぞーー」と少しふざけて言いながらすぐに12月24日を開くとそこには「せんもんのやくはとくとるな。こはわもらかならろ」と意味不明な言葉と意味不明な漢字が書かれていた。

そして12月25日に「まゆみちゃんも、まゆちゃんも殺したあとに囲炉裏でやいた。そこほれ。

そこほれ。まゆちゃんの頭ちょん切って社の前においたよ。

まゆみちゃんの足くっきって社の後ろに入れたよ。私はそこにずっといようっと。

これは怖がらせるためじゃないよ、日記だもん。あなたはのらう。

死んでる私がのるよ。わたしはいないからお願いも聞かない。

あなたはのろお」と小さい字で書いていた。この字だけ異常者が書いたような内容なのに関わらず凄く上手な字だった。

それまでは笑ってたけどさすがに気持ち悪さと呪うという言葉に気分も悪くなり「もう、帰ろうか。」とAが言い出す。

ただ帰るといっても夜中の12時か1時ぐらいに懐中電灯で来た道をもどれる勇気も無く、賛同するものもいない。「朝までまとうや。

」と言うも「ここで?まじで?こんなとこで?」とBが言いだす。BとAはもう出た方がいいって。

と言うが他の友人は「いや、外なんか歩けんって」と拒否。その後、結局そこで朝まで待つ事になったがBBQをするほどの元気もなく全員で何となく気分を紛らわせるように話をしていた。

数十分後、いきなり外から「お~い、お~い、お~い。」と聞こえ始めた。

全員が一斉にびくっとなり身構えるように静かになった。「お~い、お~い、お~い。

」としか聞こえないのだがそれがずっと続く為「動物の鳴き声じゃね?」と言う友人に全員が同意し、又話し始めた瞬間「バン!!!バン!!!!!」と小屋の裏側が誰かに叩かれた。「お~い、お~~い。

お~~~い。お~~~~い」と叫ぶ声も長さが増していきそれと同時に再度裏側からバン!!!!バンッ!!!!と誰かが叩く。

「な、なんなん?これ???誰かが叩きよるん?」とBが半ば泣きながら言うと今度は横側からバン!!!バン!!!!と音が鳴る。そこでいきなりドアが開いた。

「おーい、こら。お前らなんしよっとか?お?」と一人の男が立っている。

自分達は全員怖さと目の前の現状が全く理解できずに固まっている。「おーいって、呼びよるやろうが?お?聞いとんか?のー?」と捲くし立てる男の手には古びたバットが握られており、それが怖すぎて一言も発せられない。

「なんとか言わんか!!!コラ!!!」と男がバットを扉に殴りつけながら叫ぶので、「い、いや、BBQしようと思って。来ました・・。

知り合いにここの小屋は誰でも使えるって聞いたんでここに居ます。」と言うと男は「あほか?おー?ここは今俺が住んどるんじゃ。

」と言う。「本当にすみませんでした。

知らなかったとはいえ、ここが個人の家だとは知らなかったので」と言うと「個人の家やないけど、俺が先に住んどるんじゃ。誰がつこうて良いっていうたか知らんけどはよ出て行け!」と叫びながらバットを扉にバンバンと殴りつける。

急いで荷物を纏めてその場から出ようとした時に、その男が「食いモン持っとるんやったら、置いてけ。肉が黒こげになっとるやろうが!あん?もってぇねぇことしおってからこんボケ」と囲炉裏の上の焦げた肉を指差して怒鳴り散らす為肉や魚を置いて逃げるように外に出た。

外に出る為にその男の横を通る際、男の目をみてかなり萎縮してしまった。多分白内障なのだろうが方目が白い。

これで見えてるのか?と言うぐらいに。外に出た後に成すすべなく立ち尽くしていたが、真っ暗闇の怖さで不安になり、皆急いで懐中電灯をつけた。

懐中電灯をどこに照らすべきか分からず、足元に照らし「どうする?」と話をしていると小屋から再度怒鳴り声が聞こえた。「おい、こら!おぉ?お前ら出て行けって言ったやろうが!聞いとるんか?おい!」と叫んでいる。

何が起きたか分からずに他に足りてない友人が居ないか、誰か小屋に残ってないかを確認するもその場には友人全員がいる。「おっまえら、人様をなめとるんか!?あ~!?」と怒鳴る声は続く。

『女やけって、容赦せんぞ!!!!』と男が叫んだ瞬間に俺を含めてその場に居た友人数人は腰を落とした。Aが「え?今なんて言った??」と誰に聞くわけでもなくボソボソと言う。

その瞬間に又男の怒鳴り声。「あー???知らんわー。

てめー誰に口答えしよるんか!こら!『女でも俺は殴るぞ!』」と再度はっきりと言った。俺達は男同士で行っていた。

女は一人も連れてきてない。それにも関わらずあの小屋では男が『女』に向かって怒鳴ってる・・・。

二重の恐怖に足がガクガク震えて、どうすれば良いのかと考える余裕もなく、動けずにただただその場で友人と目を見合わせてるのみ。多分一人が逃げればそれに続けるのだが誰も先頭に立って逃げる勇気も無い。

少なくとも俺はさすがに真っ暗闇を先頭に立って照らしながら逃げる勇気は無かった・・・。ただ、次の言葉が聞こえてさすがに全員一斉に逃げた。

『まゆみぃー!???だれじゃ、ぼけ!しらんわ!!!』と男が言ったから。最初、名前と思わずに何を言ったか全く分からなかったが言葉の端や流れから頭でゆっくりと『まゆみ』と言ってるのでは?と理解した瞬間に体がビクッとなり、『まゆみぃや、いうのは知らんっち言うとろうが!』と再度はっきりと聞こえた瞬間に全員ほぼ同時に逃げた。

Bは「ありえん・・。ありえんやろ・・。

」と泣き声を上げながら逃げていた。小屋からかなり離れたところで足が遅いAを待つ為に全員がとまり、Aが「はぁ、はぁ。

ちょっと、ちょっとまって。」と言いながら追いついた。

そこで、全員が再度息を整える為に少し休んで居るとBだけがボソボソと「まゆみって誰なん、誰なん。まゆみって何なん。

」と繰り返す。さすがに俺も怖い為に「おい、今はそんなん言うなよ。

後で話し聞くけん。頼むけ、今は言うなよ。

」と言うもBはずっとボソボソと独り言を続けていた。その後、息も整い少しずつ落ち着きを取り戻し山を下る事に。

下りながらも後ろが気になり、少しの音にも敏感になっていた。さらに下って行くと道の端に地蔵があり、下の街の光も見え始めた。

下の街の光が見えてかなり安心感を取り戻した俺達は地蔵に「呪われませんように」という願掛けの為に皆で立ち止まり手を合わせていると「それ、地蔵じゃないんやね?。」と友人のDが言った。

「それ、地蔵やけど、守護系じゃないんじゃね?」とオドオドしながら言い出す。「え?知らんけど、地蔵って何かを守ってくれたり厄除けになるんやないん?」と聞くと「たぶん、厄除けとかにはなるかも知れんけど、これ身代わり地蔵なんかね?大丈夫なんか?」と言いながらDは少しずつ後ずさる。

「なんか、怖がらすなや。十分びびったやないか。

」とAがDに怒鳴るとDが「それ、足切り地蔵やん。足の付け根から切られとるやん。

」と言ったときに全員が一斉に地蔵の足をみる。確かに右足の付け根が不自然になくなっている。

その横に立っていた数本の風車がいきなり吹いてきた風に反応しカラカラと回りはじめた。そのカラカラと音がなりながら回り始めた風車に目がすーっと引き込まれる。

その風車の下に『まゆみちゃん』と文字が見えて一瞬にして背筋に寒気がもどった。その後直ぐに走りだして、下の道路まで逃げてきた。

山から抜け出しアスファルトの道路をみて安心を取り戻した。息を整えて全員で一番近いAの家に向かおうと決めて、道路沿いを歩き始めた。

時間は夜中の2時で辺りはかなり静かで車も通ってない、にも関わらず、反対側の霊園の歩道を俺らとは反対に向かってくる人影を見てビクっとし再度走り始めた。その歩いてる人影をはっきり見たわけではないけど何故か女の子の様な錯覚をした為鳥肌がざわざわと立ち「見るな、見るな」と怖さから呟きながら逃げた。

その後Aの家につき、その時起こった恐怖体験を皆で話し朝まで過ごした。次の日からBが耳鳴りが止まらないと病院に通院した以外は特に今のところ変な事はないけど、Bはそれ以降慢性の耳鳴りになってしまい、本人曰く「金縛りが酷い」と多分怖がらせようと繰り返し言っています。

「女が夜に枕元にたつ。んで、刻まれていく瞬間を俺の前でずっと喋り続ける。

」と言ってる時もあったがその話をしている時以外は別に以前と変わったこともない。ので、多分大丈夫かと・・・。

その山小屋の話を兄にしたところ、兄が行ったときは(自分が行ったよりも1、2年前)別にそんなものも無く普通にBBQをしたし、兄の友人も俺達の体験後にキャンプしに行った事があるらしいく「雑誌とかはあったけど、別に人は住んでなかったぞ。」との事でした。

T山自体の霊的現象の噂は一切聞いた事が無く、麓のS霊園とその奥の峠が有名だったのだけど、それ以来その山には近づかないようにしています。別の友人が一度T山に仲間内で行った事があるらしく、その話をした事があった為地蔵はあったのか聞くと、「おまえら、あれは水子地蔵やろ。

しかもいたずらしたのお前ら?」と言われ何もやってないと言ったら「嘘付け、目のとこがくり貫かれて、足が付け根からないやねぇか」と言っていましたが、確認には一切行ってません。最近その中の友人のDが10年前に何か事件があるかを調べてみたところ(図書館で新聞読んでインターネットで調べた程度ですが・・・。

)特に事件は無かったとの事です。ただ、S霊園の奥にある峠は事故が多く、亡くなった方は何人かいたそうですが、多分関係は無いと思います。

「せんもんのやくはとくとるな。こはわもらかならろ」の文章ははっきりと覚えてなかったのですが、友人と話してる時に覚えてることを言い出しこのような感じの文章でした。

がちゃんと覚えて意味を知っとけば良かった・・・。何か性質が悪そうですので。