仕事先のパートさんから聞いた話。

30歳ぐらいの人だが、
この人がなかなかの占い好きだった。


といっても宗教みたいにハマりこんでるわけではなく、
あくまでも人より好きってぐらいで。

以下Aさんとする。

ある日Aさんは、
スピリチュアル的な集まりに出かけたんだそうだ。

どんな集まりか詳しくは聞いてないが、
怪しいものじゃないとのこと。

そこで初めて知り合ったある女性が、
とてもご利益があるからとお札を人に配っていて、
Aさんもそれを貰った。

どこのものかは分からなかったが、
その時Aさんは女性の好意を純粋に喜んだ。





それから数日、
どうにも体調がすぐれない。

病院に行くほどではないが、
体がだるく気分が落ち込んで仕方ない。

そんな状況に嫌気がさし、
Aさんは気分転換を兼ねて懇意にしている霊能者に会いに行った。

そこで霊能者はAさんと暫し話をした後、
こう言ったんだそうだ。

「最近お札を貰ったね?
すぐ捨てなさい。
それを売っていたところはもう潰れて廃墟になっているよ」

Aさんが霊能者に従ってお札を捨てると、
そのうち体調はよくなった。

それからお札をくれた女性は
姿を見せなくなった。

しかし、その女性の様子は、
とても悪意があるようには見えなかったという。