小学生のときの話。

隣の金持ちの多い市の図書館ではビデオを見る事ができたので
家が厳しくてビデオがなかった俺は、
時々そこでビデオ見るのを楽しみにしてた。
その日は確かロッキー2だか3だかを見ていたんだけど、
気が付けば閉館時間間近になって、
日もとっぷり暮れている。

当然門限もとっくに過ぎ、
半泣きになりながら自転車を走らせていたんだけど、
見事に道に迷ったw

かなり焦ったが、
線路沿いに走れば間違いないだろう、と思い直し
街頭もまばらな線路沿いの道をひたすら走った。

と、前方に大きなマンションが見えた。

道路脇には粗大ゴミだろうか
箪笥なんかが置いてある。

その前を通り過ぎようとしたとき…

バンッ!とその箪笥の扉が開き、
中から髪ボサボサの女が飛び出してきて
自転車の後輪の上に付いていた荷物置きの部分を掴もうとしてきた。

何が怖いって、
女が飛び出した瞬間からずっと、
すごい大きな声で「アーッヒャッヒャッヒャ!」って笑ってるわけ。

速攻立ち漕ぎで振り切ったんだけど、
女はずっと笑ってた。

もう完全にいっちゃってる笑い声。

俺全泣き。

親や友達に話したところ、
多分吉外の女乞食だろうということになったので
翌日、友達とエアガン持って襲撃に行ったんだけど、
その箪笥はもうなかった。

もちろん、その女ももういなかった。

それから暫くして、
ある事をきっかけにして霊的なものも
色々見ることになったんだけど、、、

今考えてみると、
あれは本当に人間だったのかな?

だって箪笥の扉は完全に締まってたし、
何で俺が近付いたのが解ったんだろう。

そもそも粗大ゴミの箪笥の中に入ったりするかな。。。