3年程前になります。

当時学生だった私は、
運送のバイトをしてました。

社員の方と二人で配達に回るんですが、
その時に起きた出来事です。
大きな荷物を運び終え、
ついでと渡された小包の配達に向かいました。

場所は都内にあるマンションです。

かなりデカイとこです。

現地に着いて、私は小包を抱えて、
小走りでマンションのエレベーターに乗りました。


配達先は12階です。

ボタンを押し、
エレベーターが上昇するのを感じました。

途中、4階と5階の間くらいで、
突然エレベーターが止まってしまいました。

しかも、グラグラ揺れているようなのです。

すぐに地震だと思いました。

揺れ自体はすぐ収まったのですが、
エレベーター内で地震というのは初めての経験です。

正直かなり怖くて、
小包を持つ手が、かなり汗ばんでいたのを覚えてます。

2~3分程でエレベーターが動き始めました。

何事もなかったかのように上へ行きます。

後から知ったのですが、
エレベーターは地震を関知すると、
最寄りの階で自動的に止まるそうです。

この時はなにせ初めてのことだったので、
特に不審だとは考えませんでした。

ポーンと音が鳴り、
12階に到着しました。

扉が開いた時は、
やはりホッとしましたね。

ただ本当に問題なのは、
このあとに起こったことでした。

扉が開いて外に出た瞬間に、
凄まじい違和感が私を襲いました。

違和感の正体は、
世界そのものだったんです。

まず、マンションに到着したのは、
午後3時過ぎくらいでした。

エレベーターから下りて外を見ると、
夏の夕方のように真っ赤なんです。

空が、真っ赤な夕焼け空のようになっていました。

そして、
街の様子が明らかにおかしいのです。

何も動かず、
何も音がしないのです。

影が濃く街を覆っていました。

本当に不気味な世界で、
私は悲鳴をあげてしまいました。

何が起こったのか分からず、
頭が混乱したままでした。

私はすぐさまエレベーターに取って返し、
1階へのボタンを連打しました。

特に問題もなく、
滑るように降下を始めるエレベーターで、
私はうずくまってました。

ポーン、と音が鳴り
エレベーターが到着しました。

階を見ると5階です。

扉が開くと、
サラリーマン風の方が乗り込んできました。

私がうずくまってるのを見てびっくりしたのか、

「大丈夫ですか」

と声をかけて頂きました。

私は必死に今見たものを伝えようとしましたが、
上手く言葉に出来ません。

すぐに1階に着き、
付き添われるように表に出ました。

外は、先ほどの真っ赤な光景など嘘のように、
午後の明かりが照っていました。

以上で私の話は終わりです。

私が見たもの、
あの世界は何だったのでしょうか?

あれが白昼夢であれば、
それはすごく安心出来るのです。

でも、どうしてもあれが白昼夢とは思えない。

あれは異世界かもしれない。

パラレルワールドとか、
私はあまり詳しくないのですが、
きっとそういった類のものです。

あのままあそこに留まっていたら、
一体どうなったのでしょうか…