心霊写真はよく聞くけど、
風景画に霊が入り込む?事ってあるのかとふと思い出した。

定年退職後の祖父の趣味が油絵だった。
描いているものは人物画だったり、風景画だったり、祭事を描いたりと、
拘りは無いみたいで、
様々な絵が離れの作業場に飾られていた。
(自分と兄貴の幼い頃の絵もあったり)

祖父の家に行くとよく新しい絵を見せてもらっていたのだが、
その中にある一枚の風景画が、
子供のときから見るのが怖かった。

なんて事のない、
山の中を流れる小さな川が描かれた風景画。

木々の間を足首あたりまでのすんだ水がちょろちょろ流れている、
一見癒される絵だ。





ひとつだけ怖いと感じた部分なのだが、
祖父にしては奇妙な絵で、
風景画なら風景のみで人を描き込んでいるものは見当たらないのだけれど、
その風景画には、
手前に流れてくる川の奥に一人の女性がうっすらと描かれていた。

わざわざ描いたのだから祖父の知り合いなのかと思ったがなんとなく聞けず、
なんかこの女の人怖いなと思いながら、
その絵は出来るだけ見ない様にしていた。

小学校高学年になってまた祖父の家に泊まりに行った時、
ふと一緒に居た兄貴に

「あの川の絵の女の人怖くない?」

と何となく聞いてみたら、
兄貴は記憶に無い様で、
その絵を見に行こうという流れになった。

離れに行って実際にこの絵と兄貴に教えても、

「人なんか描かれてねえぞ」

と言われた。

詳しくはあまりしたくはなかったけど、

「ここだよこの女の人」

と指を指してみたが、

「お前俺を怖がらせ様とからかってるだろ」

と、冗談にとられてしまった。

当時は、兄貴は見えているのに
逆に驚かそうと見えない振りをしてるのかと疑いもしたんだけど、
高校生になった時にまたその絵を見に行ったら、
女の人が絵から消えていた。

女の人を最後に見たのは中学三年の夏だったと思う。

その時はまだ絵の中に居た。

何度か見ていたので、
子供の頃の見間違いとは思えないのだけど、
なんというか、今でもその描かれていた女の人を思い出すとほんのり怖い。