祖母が教えてくれた話です。

祖母の家の敷地には古い大きな井戸があります。この井戸は滅多に使わなくなったので、子供が中に落ちるなどの事故を防ぐために大きな石の蓋で塞ぐことになりました。
それを行った翌日、隣町の病院に入院していた曾祖母のお見舞いに行くと、「昨日夢に井戸の神様が出てきて、『息ができなくて苦しい』と言っていた」と言われたそうです。祖母は驚きました。

井戸を塞ぐ話を曾祖母には全くしていなかったからです。祖母は祖父と相談し、「曾祖母が気に病むと可哀想だから」ということで、業者に頼んで井戸に通風孔(?)をつけてもらいました。

その翌日に曾祖母の所に行くと、「井戸の神さまがまた夢に出てきて、『もう苦しくないから大丈夫』と言っていた」と言われたそうです。その井戸は今もあります。

私は蓋を開けたことはありませんが、良質な水が取れるので近所の方に分けることも度々あったそうです。祖母は最後に「私には神様がいるかどうかはわからないけど、こういう不思議な話があったことは本当なんだよ」と言っていました。