私の体験です。

現在大学3年で、
それは大学2年になってしばらくした時の話です。


久しぶりに地元に帰り、
家族に近況報告をすませると、
何となく、昔よく遊んだ近所の山に行って見たくなりました。

外は少し寒かったこともあり、
ウイスキーの酒瓶を片手に、
軽く飲みながら出かけました。
山に入ると、
昔と何ら変わってないことを確認できて、
非常に嬉しかったです。


しばらくそうしてフラフラ歩いていると、
少し遠くの茂みから、


「こっちにきて飲まないか」


と誘う男の声が聞こえました。


茂みの周りは薄く照らし出されていて、
焚き火をしている様子でした。


酔っていたのも手伝い、
別に怪しいとも思わず茂みに行くと、
男が一人で焚き火をしながら魚を焼いていました。


ウイスキーを渡すと珍しがり、
ずいぶん気に入ったらしく、
私に魚を勧めながらいろんな昔話を話し出したのです。


魚は美味しかったし話も面白く、
とても楽しかったのを憶えています。


しばらくすると、男は


「そろそろ帰りな」


と言ったので、私は


「ウイスキーの残りはあげる」


と言い、立ち上がりました。


すると男は、
満面の笑顔で魚や山菜などをどっさりとくれました。


その時になって、
はじめて私は男の顔を見たのですが、
目が一つしかありませんでした。


しかし、怖さは不思議と感じず、
なぜ今まで気付かなかったのかもわかりません。


その後、祖母に土産を渡しその話をすると、
それは山神で、


「善いものに出会ったな」


と笑っていました。


私も


「ああ、だから洋酒をあんなに気に入ったのか」


と妙に納得してしまい、
笑ってしまいました。


またウイスキーを持って行ってみようと思います。


その男の話の内容は、
昔からその山と周辺を生活圏にしていた人たちの生活の様子でした。


山菜取りにきた親子がいて、
子供が転んで大泣きするのを必死であやす親の様子だったり、
本当に何でもない事ばかりだったんですが、
身振り手振りをつけて親や子供を演じ分けたりと、
中々の芸達者でした。


話してる間は全然違和感を感じず、
普通のおっさんと話してる感覚でしたよ。


だからもしかしたら、
単に光の加減とかで見間違えた可能性もあると思います。


酔ってたし。


ただ、転んだ子供の話のときに、


「着物が破れた」


とか言っていたので、
もしかしたら本当に神様で、
古い話だったかも知れません。


そうだったらいいなあって思います。