ハイキング中に見つけた奇妙な神社。

谷底の道の両脇に鳥居を構え、
急斜面に石段を積み上げ、
向き合っている神社。
まあ、急ぐ山行ではないので、
まず右側の石段を登り始めたが、
気まぐれを起こした自分を恨みたくなるほどきつい登りだった。

ようやく上までたどり着くと、小さなお堂があり、
こんな場所にしては珍しく多くの絵馬がぶら下がっている。
絵馬というより、木簡に近い代物だが、
そこに書かれているのは、
何者かを深く怨み、不幸を願う気持ち。

木簡には、記入者の持ち物と思われる時計や、
筆記用具などが縛り付けられている。

未記入の新しい木簡が、
黒い木箱に入れられている。

嫌な気分で石段を降り、下まで行けば、
そこには向き合って建つ神社の石段。

どうするべきかと考えたが、
このまま立ち去るのは非常に心残りなので、
先ほどの神社を背中に感じながら、
目の前の石段を登りつめた。

小さなお堂に、ぶら下がった木簡。

向き合った斜面の、
似たような光景の神社。

手にとって読んだ木簡に書かれていたのは、
誰かの幸福や成功を願う言葉。

記入者本人に向けられた言葉もある。

そして、やはり身の回りの品が結び付けられている。

幸福を願う気持ちに触れても、なぜか心温まらない。

腑に落ちぬ思いを抱えて石段を降りていると、
竹箒を持った老人が登ってくる。

老人は俺の顔をじっと見つめ
「奉納に来た顔じゃないな」

そのまま石段に腰を降ろしてしまった。

成り行き上、俺もそこに座らざるを得ない。

老人によれば、木簡を記入し、
奉納するなら、両方の神社でそれをしなければならないという事だった。

怨むだけでは駄目。

幸福を願うだけでも駄目。

決まりを守らない場合、
記入者本人を、とんでもない不幸が見舞うとの事だった。

「死ぬんですか?」

「寿命が伸び、ひたすら苦しんで生き続ける」

「幸福を願うだけでも?」

「そのようだ」

怨み、不幸を願う木簡は、
幸福を願う木簡よりも圧倒的に多かった。

そして、もうひとつの決まり事を教えられた。

自らの不幸、幸福を願って奉納してはならない。

首都圏に、この山はある。