友達に聞いた話で怖くないけど
俺の友達は昔、
家族で仲の良い家族と一緒にY県の川沿いにあるキャンプ場に行く事が恒例だったらしい。
そのキャンプは友達が小学校低学年ぐらいから続いていて、
毎年深くて綺麗な川で仲の良い家族の子供と泳いで遊んでいたという。


その川は水深が7~8mとかなり深いが水が綺麗なので底がよく見えたようで、
昔から底には10tトラックの古タイヤと、
金属でできた箱が沈んでいたのが毎年印象に残っていたらしい。
それから年が経ち中学生になった友達が、
恒例のキャンプ場で箱には何が入っているのか気になり、
昔は深すぎて無理だったタイヤの横の箱を取りに潜ったそうだ。


川から上がって箱を見ると、
コケは生えていたが
少し錆びていただけの小さな南京錠がかかった金庫だった。


もしかしたらお金や貴金属が入っているかもと考えた友達は
なんとか金庫を開けようと四苦八苦し、
どうにか南京錠を壊して開けてみると、
中には水と生きた鮎が4匹入っていたという。


錆びによる穴はなかったし、
何年も前から川底にある金庫なので、
カッパの金庫だったんじゃないかなと思ったそうだ。