小4くらいの時の話。

夏休みになると、
父方のじーちゃんの家に遊びに行ってた。

じーちゃんの家は裏が山で、
良く一人で虫取りとか工作ごっこをして遊んでた。
そろそろ家に帰る日が近づいてた頃、
気紛れでちょっと奥の方まで進んだら、
背の高いイケメンのお兄さんが土弄りをしてたんで、
それをじっと見てた。


すると

「こんにちは」

って愛想良く声をかけてくれた。

俺「何してるの?」

お兄さん「見てごらん」

どうやらお兄さんは穴を掘ってたらしくて、
その中を覗いたら変な生き物がいた。

体型はちょっと小柄な男の人なんだが、
皮膚が水色で透けててしわしわで、
ゼリー(ジェル?ビニール?)みたいだった。

顔はオッサンっぽくて安らかな顔してて、
髪は黒か紺だったか、薄らハゲだった。

で、よく見たら、
頭に牛の角みたいなのが生えてた。

あと、何故か鳥の羽が身体中にべたべたくっついてたのが、
今思えば不気味。

安らかな顔をして眠ってた(死んでた?)せいか、
不思議と怖いとは思わなかったな。

俺「これ、何?」

イケメン「作り物のお人形なんだけどね、
失敗作だから捨てる事にしたんだ。
しかし今日は暑いねー」

こっから適当な世間話になって、
俺もそれが人形だって完全に信じ込んで、
お兄さんが穴を埋めた所でお互い別れた。

…で、数日後の家に帰る日に、
何となくあの謎の生き物の人形が気になって、
同じ場所に行ってみた。

そしたら、
そこが何故か小さい池になっててマジでビビッた…

ちなみに、この山周辺は俺の縄張りだったから、
迷う事は無かったし、
一度行った場所はちゃんと覚えてる。

だから、絶対あそこで間違い無かったはずなんだよ。

池自体は小さかったけど綺麗で、
(深い水溜りっぽい)隣に祠もどきものがあった。

最近造られた感じの綺麗なものだったんだけど、
祠の一部に墨で英文が書かれてた。

英語では無かったのかもしれないけど、
アルファベットで間違いない。

全部覚えてないけど、
一番目立つ所に大きい字で『Focoio×』?って書かれてたのは、
やけに印象に残ってる。

何か文章の中でも、
一番力が籠ってた様な気がする。

一応じーちゃんやばーちゃんにも聞いてみたんだが、
きょとんとしてるだけだった。

付いて来てもらいたかったけど、
まともに取り合ってくれなくて、
結局帰る羽目になった。

俺もすっかり忘れてて、
もうじーちゃんやばーちゃんも死んだから、
その場所がどうなってるかは分からない。