小学二年か三年くらいまで、
空中を漂う金色の金魚みたいなのが見えてた。


基本的には姉ちゃんの周りをふわふわしてるんだけど、
飼ってた犬の頭でくつろいだり、
俺のお菓子横取りしたりと、
家の中を好き勝手にうろちょろしてたから、
うちで飼ってるペットかなんかで、
姉ちゃんに懐いてるんだろうと思ってた。

今考えたらおかしいよな、
変なもん見えてたんだな、
という話を、
大学生の兄ちゃんが里帰りしてきた時に話した。


兄ちゃん(姉ちゃんから見たら弟)は、

「お前、高校生にもなって何言ってんの?」

て言ってたんだけど、
姉ちゃんは

「何でいるの?」

とか言い出した。

実は姉ちゃんも、
小学二年生の夏までその金魚が見えてたらしい。

だけど俺が生まれるちょっと前に見えなくなったので、

「あれは新しく生まれてくる弟の魂だったんだ!」

と思っていたんだと。
それなのに俺が生まれてからも
金魚がいたことが分かって驚いたらしい。

「友達だと思って楽しく話してた人が、
実は全然違う人だったと発覚したときの気分に似てる」

とか言い出して吹いた。

そんな体験したことねーよ。

しかし、あの金魚みたいなのはなんだったんだろう?

姉ちゃんはまだ家にいるんじゃないかと
時々キョロキョロしてる。

見えないくせに何してんだよ。

姉ちゃんが言うには、
あの金魚みたいのはショーベタとかいうのに似てるらしい。

魚詳しくないからわかんねえ。

あと、寝返り打った犬に潰されても平気そうにしてたのが不思議。

普通ならぺちゃんこだよな。

触った感じはグミっぽかったけど、
ぐにぐにしたら嫌がって逃げてたなぁ