田舎の知り合いから聞いた話です。

彼のうちは山を持っており、
毎年、年末には祠の大掃除と御鏡をお供えに行くそうです。


この時期はだいたい雪が積っており、
山の頂上近くにある祠からの眺めも綺麗なので、彼はコッヘルとコンロを持って行き、
大掃除後に景色を眺めながら一服いれようと考えました。

大掃除を終え、古い御鏡も取り替えて、
さて一息と湯を沸かし紅茶を作って眼下の景色を楽しんでいると、
「ゴトゴト、ガタガタ」
と音がします。


「ん…何の音だ?」
とあたりを見回しても、
そこは開けた山の頂上なので何もありません。


よくよく耳を澄ますと、
祠の中から音がするようです。


「ああ、いけね。おすそ分け忘れてた」
と気がつくと、
もう一杯作ると祠にお供えしました。


しばらくはゴトゴトと音がしていましたが、
そのうち静かになったそうです。


帰るときにカップを回収しようとしましたが、
湯気の立つカップの中身があきらかに減っていたそうです。


一杯まで入れていた紅茶が半分くらいに減っていました。


「ああ、まだ飲んでるのか?」
と思った彼は、
カップをそのままにして下山しました。


「猫舌の神様ってのもいるんかの?」
と暢気な彼は笑っていました。