まだ私が小学生だった頃の母の話。

夢の中で美しい河原を歩いてたそう。


そしたら母を迎えるように綺麗な女の人がいて、
「よく来たね~よく来たね~」
と、とても歓迎してくれた。
その人の神々しいくらいの美しさと、
自分を包み込む幸福感に我を忘れそうになった時、
その人が母のつけてる青いブローチに気付いて、
さっきまでとは豹変した恐ろしい形相で、


「何でそんな物をつけてるの!それを外しなさい!早く外してこっちによこしなさい!」
と迫った。


母がその異常な勢いに恐ろしくなったところで目が覚めた。


実はその夢を見る前に一度目が覚めた母は、
その前に見た怖い夢(内容は憶えてない)に怯えたそうだ。


で、その当時通ってた霊能者(?)から貰った、
『袈裟』と母は言ってたけど、紺色のたすきみたいなものを、
魔除けとして枕元に置いて寝たと。


翌朝、その話をしてくれた母は、


「あのブローチは袈裟だったのかな。
もしあれを枕元に置いてなかったら、連れて行かれたんだろうか?」


と、びびってた。


私もびびった。
母のうなされる声を聞いてたし。


そして後日談。


その霊能者の所には、母が知り合いの人に紹介してもらって行ったらしい。


今考えると、ちょうどその頃、
兄が良くない友達と付き合っておかしくなってたから、
母はそれで悩んでたんだろうと思う。


私も母と行ったけど、果物とお菓子と多分お布施の封筒をお供えして、
20人くらいの信徒とお経っぽいものを唱えたのを憶えてる。


ところが、その夢の事があってからしばらくの間、
何なかんだと用事があって、まるで何かに邪魔されるかのように、
その霊能者の所に行けなかった。


それどころか、紹介してくれた人とも連絡がとれなくなった。


ようやく母が都合をつけて行ったとき、
その場に何か異様な雰囲気が立ち込めていた上に、
母に向けられた皆の目がどこか虚ろだった。


入るのを躊躇した一瞬、祭壇に供えられてる不自然な形の包みを見た母は、
怖くなってそのまま帰ってきたんだと。


見間違いかもしれないし、それが何かは今だにわからないけど、
包みには赤いしみがあって、それを認識したとたん、
この場にはいられないと感じたらしい。


後日、ご近所ネットワークで、
そこを紹介してくれた人が失踪していたことが伝わってきた。


旦那さんのギャンブルがどんどんエスカレート、
借金取りはくるわDVが始まるわで、とうとう逃げたんじゃないかって。


多分、夢の女性は本当は母を守ってくれる存在で、
あの霊能者と関わると良くない事を教えてくれた、
というのが真相だったんじゃないかと、今は思っています。

ちなみに兄は現在、普通に会社員で結婚もしてる。


母は今は、
「ご先祖様と氏神様を大切にするだけでいい」
と言ってますw