「もういいかい事件」と友達と呼んでいる出来事がある。

別に事件じゃないけど。

小学生の時、
東北の田舎町に住んでいた俺は、
友達と二人で公園で遊んでいた。
突然大雨が降り出したので、
近くの駐輪場の屋根の下で雨宿りをすることにした。

公園の裏には広い雑木林と沼地があるんだが、
しばらくすると突然、
雑木林の中から子供の声で

「もういいかーい」

と聞こえた。


その声は一度ではなく、
何度も何度も繰り返し聞こえた。

俺と友達は

「なんか変じゃないか?」

と話した。

大雨の中でなぜかくれんぼをするのか、
そして

「もういいかーい」

の声は聞こえるのに
なぜだれも

「もういいよ」

と言わないのか。

最初は友達も気味悪がっていたが、
気の強いそいつは悪乗りして大きな声で

「もういいよーー」

と叫んだ。

そしたら何度も聞こえていた

「もういいかーい」

の声が、ピタッと止まった。

その日の出来事はそれで終わりだったんだが、
それからたぶん一年半ぐらい経った夜のこと。

俺は夜中に突然目が覚めた。

睡眠は深いほうなので
めったに夜中に起きることはないんだが、
しばらく布団の中でぼーっとしていた。

そのしたら外から突然、
まさにあの時のあの子供の声で

「もういいかーい」

と聞こえた。

正直この記憶はあいまいで、
その時どんな感情だったかは覚えていない。

もしかしたら夢だったのかもしれない。

あの雑木林と沼地は家から割と近くにあるが、
それでも声が聞こえるような距離ではない。

まず夜中に子供がかくれんぼしてる時点でおかしいんだけど。