知り合いの話。

彼の祖父は、
かつて猟師をしていたという。
遊びに行った折に、
色々と興味深い話を聞かせてくれた。

「女が出る山、
ってのを聞いたことがある。
そこに篭もると、
夜中にでかい女が現れて、
強引に何事かを約束させるんだと。





でな、それを破っちまうと
罰を当てるっていうんだ。
そのでかい女が里の家まで押し掛けてきて、
舌を千切り取っていくんだとか。
実際そこの猟師にゃ、
舌が短くて上手く喋れねえ爺さんが何人かいたよ。
いや、本当に山女に舌獲られたのかどうかはわからねえけど」

「しかし遠くの山じゃ、
見つかると問答無用で追い掛けてきて、
力尽くで舌を千切ってく女ってのもいたんだと。
そこまでいくとまるで鬼だよなぁ。
約束で見逃してくれただけ、
あそこの山女は優しかったのかもしれねえ」

最後に皮肉っぽく付け足す。

「もっとも、
元よりどうしても守れない類の約束だった・・・
って話も聞いたがよ」