雪の中を通勤中、
吐血が止まらなくて道端を転げまわったら、
若い研修医みたいな白衣の男性に抱きしめられた。

医者の格好をしてたし、

「わたし医師の矢島(仮名)です」

とそう名乗ったんだ。

そのときの時刻が朝の7時30分。





痛いことは痛いが、
矢島という医師に抱きついていれば
気持ちは楽だった。

救急車に乗ってると自覚したのが
2007年10月10日正午20分。

様態が激変し間に合わないからと外来に救急隊が突っ込んだ時、
顔を出した医師がさっきの白衣の男。

「????ありゃさっきの」

と色々言ったが、
意識もなくなり寝てしまった。

寝る直前に××大学病院の第○内科とだけ聞こえた。

個室で目が醒めたとき

「さっきの先生は?」

と聞いたら、
初めて見る女医さんが出てきて挨拶をしてきた。

一生懸命

「さっきの男性の先生は?」

と聞いたが、対応したのは
女医さんと看護婦3名で男性は
その現場にいなかったという。

個室で起きたのが午後3時30分。

顔もちゃんと見てるし感触もあった。

あの医者の話をするたびに
変な顔を周囲にされてしまったが、
なんとしてでも見つけ出そうって思ってた。

「夢でも見たんじゃないの」

と笑われる…

退院後、倒れた辺りの個人病院や医院に

「お礼が言いたい。そちらの先生ですか?」

と電話したり訪ねて歩いた。

矢島(仮名)先生という名前には
実は心当たりがありました。

故郷の近所の内科医で、
80歳は超えてる名医の先生とお名前が同じだったんです。

実家の親に電話して

「矢島(仮名)先生に聞きたいことがあるんだけど、
まだ医院あるかな?」

と聞いたら、

「矢島先生なら2007年の10月に突然歩いてて亡くなったのよ。
でも90過ぎてたから大往生ね」

と言われた。

偶然亡くなった日が10月の11日だという。

どんなに探してもあの周辺には
矢島(仮名)という医師はいなかった。

製薬や臨床の営業の友人に頼んで探してもらったが、
矢島(仮名)という名前の若い医師はいなかった。

90過ぎて亡くなった医師の矢島(仮名)氏が、
××大学病院の第○内科の出身だと後から聞きました。

都合のいい解釈ですが、
矢島(仮名)医師が助けに来てくれたんだと思うことにした。