先輩にオカルト好きな人がいる。

先輩といっても、
別におれはオカルトクラブに所属しているわけではなく、
彼がただ単に学年が上で、
ただ単に近所に住んでるからよく話すだけだ。
そんな彼と、いつものように放課後、
一緒に帰りながら話していた。

俺はふと、
友達から聞いたある事件の話を思い出した。

といっても、
くだらない嘘の話だと思っていた。


その事件とは、
ある国である物理学者が、
ある時を境に一切動かなくなった。というものだ。

その男は、時計と、机と、紙とペン、
そして窓を完全に塞いだ部屋で研究に没頭する、
という変な男だった。

研究対象は”時間”。

大抵は毎日研究施設に、
同僚とコーヒーを飲みに来ていた。

しかし、
ある日を境に研究施設へ足を運ばなくなった。

2、3日目までは彼の同僚たちも、

「きっと何か素晴らしいアイディアを思いついたに違いない」

「研究に没頭しているのだろう」

と考えていた。

しかし1週間たち、
流石におかしいと思った同僚たちが、
彼の自宅を訪れ、彼の研究室の扉を開けた。

するとどうだろう。

扉を開けた瞬間に、
その男が部屋の中で崩れ落ちたのだ。

同僚たちは走り寄り、
大丈夫かと問うた。

意識があった男は、

「ああ、よかった。
突然全身に力が入らなくなったんだ。
丁度いい所にきてくれたね。
ああ、何だ、目が痛いよ」

と礼を述べた。

「一週間も何をしていたんだ」

同僚が言うと、男は

「何を言っているんだ。
君には昨日会ったじゃないか」

と。

同僚が

「何を言っているんだ。
君は一週間施設に来なかったんだぞ」

と言うと、男はこう言った。

「何を馬鹿な。
私はついさっきまで普通に研究を続けていた。
一週間なんぞ決して経ってない。
ほらみろ。あの時計は○日の○時を指しているじゃないか!」

そこには、日付と時間を指すタイプの時計が、
一週間前の日のある時間を指して止まっていた。

男の話からすると、
男は一週間前から一切動かずその場に居続け、
同僚が部屋に入ってきた瞬間、
突然倒れたのだった。

先輩に、この嘘のような話に対する意見を聞いた。

君は、例えば数億分の一秒、数百億分の一秒、
もしくは数秒、数分、例え数時間ずれた時計を見ても、

「ああ、今は何時だ」

と思うのだろうね。

普遍的な時間の流れがあるか、
それはわからない。

物理学的にはあるかもしれないね。

僕は詳しくないから知らない。

でも、君は時計を見たときに、

「今は何時だ」

と考える。

それが例え、いわゆる標準時、
電波時計なんかの”正しい”とされている時間から、
数時間、半日ずれていたとしても。

つまり、ある時計が示す時間、
それが君にとっての時間だ。

例えば、君が12時間ずれた時計を見て、

「ああ、今は何時だ」

と思っても、
そのうち周りの環境なんかで、
時計がずれていることに気付くだろう。

じゃあ、時計が止まってたら?

君は時間が止まったと思うかい?

思わないだろう。

物の動きや音、それが進んでいるのに、
時間だけが止まったと考えるかい?

普通の人は、
時間が止まれば物の動きも止まると思うだろう?

時間を止めていたずらをするなんて想像をよくするしね。

その男は、
とても特別な空間にいたんだ。

動くものは時計だけ。

きっとその部屋は、
外の雑音なんかも聞こえないような構造だったんだろうね。

そこに時計が無ければ、
そんなことにはならなかっただろう。

物や音が進んで無くても、
時間が止まっているなんて考えないから。

問題は、そこに”止まった”時計があったことだよ。

言っただろう?

”ある時計が示す時間がその人にとっての時間”って。

男は止まった時計を見た。

男の周りには、他に動くもの、音は無い。

気付けなかったんだよ、
本当は時間が進んでいたことに。

時計を見て、時間が止まっていた。

時間が止まっていたのなら、
彼は当然動かない。

いや、動けなかったんだ。

全ては彼の中だけの話だよ、確かにね。

でもね、彼にとっての”時間”は止まってたんだよ。

事件の話も先輩の説明もうそ臭いとは思ったけど、
まぁ面白い考えだとは思った。

でも事件の話は、
グーグルとかじゃ出てこないんだよね。