幼い頃に、
天狗らしきものに遭遇した事がある。

天狗か知らんけど。
当時は鎌倉に住んでて、
当時の鎌倉はだいーぶ未開発の田舎風味だったんだ。

それで家すぐ近くにデッカイ山があって、
そこに入り込んでドングリをよく集めて遊んでた。

で、ある日、
いつも通り友達とドングリ集めしてた。

んで、ドングリを追ってひたすら拾い歩いてたら、
友達と逸れて、正しい道からも逸れちゃって、ガチで遭難した。


それで、その辺りが暗くなって、
誰の声も聞こえないし見えない。

月明かり程度しか無いしね。

足元は不安定だから、
幼心に滑り落ちたら死ぬって確信があった。

それで、
ビニール袋一杯のドングリ抱えてうずくまって、
ワンワンとずっと泣いてたんだ。

そしたら、目の前に誰かが立った。

すげえデカイ脚。

それだけは判った。

あとはナンも判らん。

今思うと、男の脚だってぐらいか。

ごつかったし。

で、何も言わないから、
親に言われた迷子の作法として、
自分の名前を言って、
迷子になったと言った。

それでも向こうは黙ってる。

「おうちに帰りたい。
集めたドングリをあげるから、
一緒に来てくれませんか?」

ぐらいは言ったと思う。

こっからが本当に俺の記憶が正しいのか、
今思うと不思議。

俺の前の人は、
「む」だか「ん」だか判らないが、
少し唸って俺からビニール袋を受け取った。

すると、ひょいと馬鹿でかい手に尻を掬われた。

猫を片手で抱く感じか。

そんな調子。

当時四歳児とはいえ、
尻を鷲掴みにする手だぜ?

恐ろしくデカイ。

それで、父親の肩車よりずっと高い位置に移動するのを感じて、
一回それが下がって、急にまた上がった。

気が付いたら、
眼下に鎌倉全景が見えた。

驚いたけど、
俺の家は駅の近くにあったから、
駅の方を見て「あっち」とか言った。

するとまた、天狗?は唸った。

で、木々の上を跳ねてるのか飛んでるのか判らない様な感じで、
あっという間に山の入り口あたり。

街頭が見えた。

そこで下ろされて、
ありがとうを言おうと思って頭を下げて上げたら、
もう何もいなかった。

家に帰ると、
警察は来てるわ親は泣いてるわで大騒ぎ。

その後、俺は山への出入りを禁止されたんだけど、
しばらくはこっそり山に入って、
お菓子とかを目印になりやすい木の所にお供え?してた。